ホーム > 技法解説 > WBS > プロジェクトマネジメントのエッセンス (その2)WBS(Work Breakdown Structure)

WBS」の技法解説記事



プロジェクトマネジメントのエッセンス (その2)WBS(Work Breakdown Structure)

1. WBSとは

 プロジェクトを進める上で、重要なツールの一つがWBS(Work Breakdown Structure)です。WBSは、新QC7つ道具では系統図に相当し、QFD(品質機能展開)の一部としても使われます。プロジェクトでなくとも、業務課題や問題点の整理、技術戦略などを策定する時の状況分析、新商品開発や新規技術開発の企画提案書、新生産システムのフィージビリティ検討、製造工程の全体像の把握など多くの場面で活用できます。
 実際に活用する場合の使い方としては、課題を計画に落とし込むときに、課題を漏れなく階層別に分割していきます。これを課題ばらしという人もいます。プロジェクトの課題や問題点を整理するための必須のツール(フォーマット)となります。つまり、プロジェクトメンバーのベクトルを合わせるための課題の「見える化」でもあります。 
 WBSは、QFD(品質機能展開)と同様に課題や問題点を、一次、二次、三次ぐらいのレベルまで各々を2つ以上に分割し、より計画を具現化できる程度にばらしていくのが特徴です。全体最適な視点で俯瞰することによって、新たな課題の発見や解決策の創出も期待できます。

2.WBSの使い方

 WBS作成のポイントは、組織の視点はできるだけ考えず、全体最適視点で、課題を2つ以上に漏れなく分割します。活用には2タイプがあります。1つ目は、主目的や主機能をトップダウン式にプロジェクトメンバーの担当レベルまでブレークダウンする方法です。2つ目は、詳細の問題や課題が分かっているとき、それをKJ法的にグルーピングして、ボトムアップ式に統合させる方式です。表1に「リサイクル設計」についてWBSの作成例を示しました。

表1.WBSの作成事例

WBS(Work Breakdown Structure)

3.漏れなくダブりなく分割する

 各ワークをブレークダウンする時に、どう分割するかのスキルも必要です。プロジェクトマネジメントの体系では、それを特に定めていませんが、ここでは、ロジカルシンキングの手法として、MECE(Mutually Exclusive, Collectively Exhaustive)という考え方がありますので、少し紹介しておきます。例えば、技術業務の場合、次のような切り口がよく使われます。

a) ヒト、モノ、カネ、情報、ノウハウ
b) WHO(市場/顧客)、WHAT(機能/ニーズ)、HOW(技術/独自能力)
c) Man(生産主体)、Material(生産対象)、Machine(生産手段)、Method(方法)
d) 設計、調達、作業
e) 導入期、成長期、成熟期、衰退期
f) 顧客、競合、自社
g) 現状、問題点、改善策
h) 財務的視点、顧客の視点、社内プロセスの視点、人材育成の視点



WBS」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ
(会員登録後、マイページで「お気に入り技法」をご登録ください)

専門家「粕谷 茂」先生に記事内容について直接質問が可能
(専門家プロフィールの「この専門家に問い合わせ」からお問い合わせください)

③他にも数々の特典があります。詳しくは↓のボタンから会員登録ページをご覧ください!

無料会員登録

会員登録は無料です。登録も1分で完了しますので、是非ご登録ください!



(かすや しげる) / 専門家A / ぷろえんじにあ

「感動製品=TRIZ*潜在ニーズ*想い」実現のため、差別化技術力、自律人財創出を支援します。
【自分史&想い】埼玉県川越生れ、神奈川在住、質実剛健の風土育ち。子供の頃の夢は自動車の開発でしたが、オイルショックで方向転換し、井深大氏最後のプロジェクトに参画できました。感動製品開発のソニースピリッツは直伝。先輩のノウハウをベンチマークしながら、体系的仕事のやり方、技術者育成法を学びました。品質… 続きを読む

ものづくりスマートサーチ

オープンイノベーション支援サービス | Linkers(リンカーズ)
月刊ビッグライフ21 BigLife21 私たちは全国420万中小企業の代弁者です。
≫広告掲載をご希望の方はこちら