「地域団体商標」の活用とは

 毎年数回、地域の機関から依頼を受けてセミナーを行っていますが、最近は、知的財産権について話してほしい、というような「制度」の解説を求められることはほとんどなく、「地域の活性化」「伝統産品の流通促進」「農業の六次産業化」などに知的財産がどのように活用できるのか、というテーマを依頼されることがほとんどです。その中で、ほとんどの場合「地域団体商標の活用」についても話してほしい、という要望を受けることになります。
 

1. 地域団体商標商品が地域で買えない

 セミナーの前に町を歩くことにしているのですが、ある町では、地域団体商標として登録されている産品が売られていない。季節商品というわけではないにもかかわらず。町では「**が地域団体商標に登録されました」という古びた張り紙を発見することができましたが、商品がないのです。セミナーの担当者に「町ではほとんど見ないですね」と聞いてみますが、泊まった宿でもでてこないのです。このような体験は一度だけではなく、地域団体商標以外の「伝統産品」と町や市のホームページで紹介されている商品が売られていないことも珍しくありません。
  
 
商標
 

セミナー「 知財英語コミュニケーション入門 〜機械翻訳に負けないAI時代の〜 」

13:00 ~ 16:30 

[東京・王子]北とぴあ8階802 

41,040円

2. 地域団体商標の広報

 有名な観光地と言える場所とはいえなくとも、観光案内所があり、「散歩マップ」なども配布している地域でもこのような実情です。「広めようとする意欲」、「地域団体商標」を販促ツールとして一人でも多くの地域外の人の目に触れ、買ってもらうようにしよう、という意欲がみられないのです。
 

3. 地域団体商標の活用

 「普及組織による商標・地域団体商標活用事例集」(農水省)(http://www.jadea.org/houkokusho/chizai/files/shohyou-katsuyou-jirei.pdf)には、商標の活用・ブランド化に関して次の記載があります。「地域団体商標」を活用して市域を活性化するためには、ここに書かれた取り組みを実践することが必要です。このような取り組みを支援することが「地域団体商標」の本来の趣旨ではないでしょうか
 
 要は「マーケティング」感覚です。そして、次の(1)~(5)は普通の「商標」をブランド化しようとする場合にも当てはまります。
 

(1) 地域協議会等の立ち上げ

 取組にかかわる関係者全員が、商標の活用方法を含むブランド化戦略を共有し、一体的に取り組むための意識形成の場が必要です。
 

(2) 人材育成

 生産者等の中に、商標の管理・活用を含めたブランド化の取組を継続的にマネジメンのトできる人材が必要です。
 

(3) 品質管理

 消費者の信頼を裏切らないよう、品質と表示をコントロールすることが適当です。
 

(4) 販売チャネル管理

 取組主体が販売チャネルを適切にコントロールできることが必要です。
 

(5) マーケティング

 価値を効果的に伝え、顧客の信頼に結びつけていくマーケティングの取組が重要です。
  

この記事の著者

峯 唯夫

「知的財産の町医者」として、あらゆるジャンルの相談に応じ、必要により特定分野の専門家を紹介します。

峯の望むことは、「権利の取得」ではありません。 特許権や意匠権などは、企業が成長するための道具です。権利があるだけでは意味がありません。 目標は、企業の成長です。 峯の事務所は「知的財産の町医者」です。「知的財産」ではなく「知的資産…

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「知的財産マネジメント」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「峯 唯夫」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。詳しくは↓のボタンから会員登録ページをご覧ください!