「IEの拡がりと進化」(経営システム1月号)を読んで

 経営工学会の機関紙である「経営システム」の2013年1月号は「これからのIE的課題」を特集しています。その中で日本IE協会二ノ宮滋さんの記事「IEの拡がりと進化」は、広くものづくり産業全体に関連する内容でしたので、要約して紹介します。

 二ノ宮さんが日立製作所に入社した70年代の日本は、作れば売れる大量生産の時代で、Taylor以来の古典的IE(Industrial Engineering)が大活躍した時代でした。その後多品種少量生産に移行しても、FA/JIT/TPM/FMSなどを取り込みながらIEの有効性は衰えませんでした。 しかし90年代に入るとバブル崩壊と共に生産が停滞するだけでなく、変種変量生産となり多種多様な課題解決は古典的IEだけで解決する事ができなくなり、SCMの観点を導入した全体最適化で戦略的なものづくりが必要とされ、さらに2000年を過ぎてそれらがグローバルに展開されるようになりました。

 日本のものづくりは、チームワーク、勤勉性、高度な教育、生産技術力の蓄積などの強みがある一方で、バリューチェーン全体を通じた革新的な企画・設計力や海外市場ニーズへの対応力が弱く、部分最適になりやすい傾向があります。 生産の最適化に限定された古典的IEから、バリューチェーン全体の価値を最大限に引き出す新IEに進化して、それを担う人材も育成していく必要があります。

 

 以上が要約で、以下筆者の感想です。

 道具は時代の要請に応じて進化していかねばなりませんが、どうしても過去の成功体験に囚われて躊躇しがちです。改善は従来の仕組みを見直すところからスタートしますが、革新は理想像を描くところから始まり、過去のしがらみから解き放たれたところで創出されます。 Taylorから100年を経て、新たなIEの姿に期待したいものです。


この記事の著者

熊坂 治

ものづくり革新のナレッジを広く共有、活用する場を提供することで、製造業の課題を解決し、生産性を向上します。

ものづくり革新のナレッジを広く共有、活用する場を提供することで、製造業の課題を解決し、生産性を向上します。

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「IE」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「熊坂 治」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。