目標を達成して確実に成果を生むためのプロジェクトマネジメント

 プロジェクトマネジメントの考え方と方法を解説します


講師


ジャパン・リサーチ・ラボ 代表 博士(工学) 奥村 治樹 
兼 大阪産業大学 情報システム学科 非常勤講師 、大阪市産業創造館 技術・経営相談員 、市立教育研究所 運営委員 、滋賀県 社会教育委員 、知財管理技能士

専門
表面・界面、接着、高分子、ナノ粒子、分析、ハイブリッド材料、等


受講料


 55,000円(税込、昼食・資料付)

■ セミナー主催者からの会員登録をしていただいた場合、1名で申込の場合49,500円、
  2名同時申込の場合計55,000円(2人目無料:1名あたり27,500円)で受講できます。
  備考欄に「会員登録希望」と希望の案内方法【メールまたは郵送】を記入ください。
  (セミナーのお申し込みと同時に会員登録をさせていただきますので、
   今回の受講料から会員価格を適用いたします。)
※ 2019年10月1日以降に開催されるセミナーの受講料は、お申込みいただく時期に関わらず
  消費税が10%になります。
※ 会員登録とは
  ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
  すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切掛かりません。


受講対象・レベル


・経営層
・マネジメント層
・リーダー
・プロジェクトマネジャー、リーダー
・実動としてアイデアを出しプロジェクトを実行する人
・新事業、新商品開発、企画等に携わる人


習得できる知識


・プロジェクトの本質
・プロジェクトマネジメント
・チーム、組織マネジメント
・意思決定プロセス
・戦略思考


趣旨


 現代はスピードが優先され、かつ、コスト削減、人材不足など様々な要因によって従来のやり方では成果を出すことが難しくなっている。しかし、そのような中でも絶えず継続的に成果を出して新しいものを生み出していかなければ生き残ることはできない。このような状況においては、組織横断的なプロジェクト体制が必要不可欠である。しかし、現実にはプロジェクトという名前だけは付いているが、その実態は従来型通常体制であることがほとんどである。
 本講演では、複数企業での様々なプロジェクトに携わってきた実経験、それに加えて、様々なケース、規模、目的に合わせた戦略コンサルティングによる知見をもとにして、実践に即したプロジェクトマネジメントの考え方と方法を解説する。


プログラム


1.【イントロダクション】
  1.1 三位一体
  1.2 拡張経営資源
  1.3 4つの基本力
  1.4 プロジェクトバランス
  1.5 成功基準
  1.6 失敗のパターン
  1.7 プロジェクトとは

2.【プロジェクトマネジメント】
  2.1 ライフサイクル
  2.2 SOW
  2.3 ステークホルダー
  2.4 WBS 
  2.5 3つの想定
  2.6 プロジェクトマネジメントの必須ポイント
  2.7 3つの制約
  2.8 プロジェクト管理項目
  2.9 監視項目
  2.10 ルール
  2.11 OODAサイクル
  2.12 人的リソース管理
  2.13 チームビルディング
  2.14 コンフリクトへの対応
  2.15 交渉
  2.16 管理者(PM)と現場リーダー(PL)
  2.17 ドライビングフォース
  2.18 4×2エリア
  2.19 3つの役割
  2.20 7つの資質

3.【目的と目標】
  3.1 目的と目標
  3.2 目的の構成要素
  3.3 目標の条件
  3.4 判断基準
  3.5 目標設定のためのSMARTルール
  3.6 良い目標の指標(PURE、CLEAR)

4.【計画の考え方】
  4.1 タイムマージン
  4.2 可視化
  4.3 必要時間予測の考え方
  4.4 優先順位
  4.5 リソースマネジメント
  4.6 スケジュールの条件

5.【意思決定プロセス:ディシジョンメイキング】
  5.1 日本的意思決定
  5.2 意思決定の3条件
  5.3 オプションの選択
  5.4 意思決定指標
  5.5 二つの脅威
  5.6 サイモンの意思決定
  5.7 5つの議論の場
  5.8 会議の7P
  5.9 意思決定フレーム
  5.10 決断

6.【PJ達成のための戦略思考】
  6.1 なぜ戦略か、戦略とは何か
  6.2 戦略策定の基本プロセス
  6.3 戦略の管理とバランス
  6.4 戦略のポイント
  6.5 戦略の5C
  6.6 ドメイン思考
  6.7 戦略の4基準
  6.8 戦略策定項目
  6.9 戦略のチェックポイント
  6.10 様々な基本戦略
  6.11 目標の6領域
  6.12 行動へのプロセス
  6.13 リスクマネジメント
  6.14 コスト管理

7.【仮説と検証】
  7.1 仮説→課題設定
  7.2 仮説の考え方
  7.3 仮説の精度と確度
  7.4 情報の条件
  7.5 逆説的思考
  7.6 未来予想

8.【注意点、ポイント】
  8.1 あれも、これも?
  8.2 いいな⇒困る
  8.3 「新しい」の落とし穴
  8.4 分別
  8.5 2種類の事実
  8.6 情報の構成
  8.7 情報で重要なこと
  8.8 オンリーワンとナンバーワン
  8.9 イノベーションを生む発想と行動
  8.10 クローズの設定
  8.11 横串

9.まとめ
10.質疑