5S実践セミナー【東日本】

5Sは会社の体質改善につながる重要な活動であり、安全、品質、生産性、故障、在庫などにわたって影響を与える基本的な活動であることを再認識し、「儲ける5S、成果のあがる5S」の原理・原則、具体的な進め方を習得します。


※受講料金は、開催最終日の税率の適用をさせていただきます


【研修の狙い】


製造部門・間接部門他、全部門の5S推進担当者、TPM推進担当者


【受講対象者】


5S・自主保全


【講師】


金子 裕行
TPMコンサルティング事業本部 TCセンター プロフェッショナルアドバイザー TPMコンサルタント


【プログラム】


1.企業の5S活動の実態
・ 活動の進め方が個人任せ、中途半端で成果が感じられない
・ 一過性の片付け運動に終始、定着しないなど
2.5Sの目的と意味
・ 活動の目的が曖昧で、形だけのピカピカ運動に陥る
・ ものの整理整頓を手段としてロスムダ低減の考え方や躾が身に付いた人を育てたい
3.整理、整頓、清掃、清潔、躾
・整理の3つの進め方
・整頓の基本は3定(定位、定品、定量)
・表示の仕方に関する基本と工夫
・工具置き場と消耗品置き場の違い
・個人スペースと共有スペースの違い
・躾の前に清潔がある理由
・机上演習
4.5S活動の進め方
・どこから始めるか、どのように進めるか
・職場間の連携のあり方
5.5Sを定着させるポイント
・活動を“見える化”する
・マンネリ防止のアイデア
6.質疑応答