<企業における> 知財教育の進め方 ―知財教育の必要性、その内容・手法の事例―

★知財の意識付け・啓発を如何に行えば良いのか?各部門ごとに求められる知財活動とその課題とは?


★演者の企業での経験に基づき、その解決策を具体事例を交え解説します。


講師


大阪工業大学大学院 知的財産研究科 教授 工学博士 弁理士  内藤 浩樹 先生


受講料


1名46,440円(税込(消費税8%)、資料・昼食付)  


*1社2名以上同時申込の場合 、1名につき35,640円      


*学校法人割引 ;学生、教員のご参加は受講料50%割引。


セミナーポイント


 ビジネスの国際競争が激化する昨今において、企業競争力の強化に向けて、自己の企業の強みを知的財産で如何に守り、活用するかの施策が極めて重要である。近年では、IoTや AI技術の進展に伴い、有用なデータ自体が知的な経営資産として取り扱われる時代である。
 しかし、知的財産の重要性についての意識が社内各部門の担当者に浸透しておらず、ビジネスを発展させる知財戦略が十分に検討されていなかったり、策定した知財戦略が機能していなかったり、せっかくの研究開発の成果や発明が特許やノウハウとして守られていない、あるいは、有効に活用されていなかったりするケースが数多く見受けられる。
 また、知財担当者にとっても、知財活動を適切に行い自社の強みを発揮するため、何を行いどのように周知・教育すれば良いか、迷われている方も多いのではないでしょうか?
 このように、企業内に知的財産活動を根付かせるためには、経営者から一般社員までの知財教育が必要不可欠である。
 本講演では、企業における幅広い知的財産活動の全容及び、その中で各所属部門がどのような役割を果たしているか・求められる活動等について解説する。その上で、演者の経験に基づき、知的財産活動の周知・浸透のための教育をどのように行えばよいか、各所属部門ごとの知的財産活動の課題とその解決策等を、具体的に事例を交え説明する。

○受講対象:
 企業内の組織において知的財産活動の必要性を感じている責任者・担当者。
 例えば、特許・ノウハウ・データの管理に携わるマネージャー・技術者、商品のデザイン、ロゴの選定に携わる商品企画のリーダー・担当者、これからビジネスに知的財産の活用を考えている経営者など、企業内の組織における知的財産活動について関心のある方、及び企業向けのサービスを展開する方々を対象とします。

○受講後、習得できること:
 ・企業における幅広い知的財産の全容が把握できるとともに、組織における知的財産活動の基本が理解できる。
 ・所属部門の知的財産活動の課題とその解決策、とりわけ、知財教育に関する手法が身に付く。


セミナー内容


1.企業における知的財産とは?
  ・ビジネスに繋がるアイデア
  ・特許・商標・著作権から営業秘密、ノウハウ、データまで
  ・企業競争力の要因

2.知財教育の必要性
  ・企業の知的財産活動
  ・競争力強化と知的財産
  ・事業リスクと知的財産
  ・知財教育の必要性
  ・社内・各部門に知財意識を浸透させるには?

3.経営者、経営戦略・事業企画担当者向けの知財教育の進め方
  〜経営部門によくある知財活動及び知財教育の課題と解決策〜

  ・経営者の教育
  ・経営と知的財産
  ・知財経営の基本
  ・企業内の知財規定
  ・知財業務の定着化
  ・企業戦略と知的財産
 
4.研究開発者担当者他、一般社員向けの知財教育の進め方
  〜技術部門等によくある知財活動及び知財教育の課題と解決策〜

  ・一般社員の教育
  ・情報管理と知財管理
  ・技術保護と知財管理
  ・人員管理と知財管理
  ・技術部門の知財活動
  ・営業部門の知財活動

5.知財担当者向けの知財教育の進め方
  〜知財部門によくある課題と解決策〜
  ・知財社員の教育
  ・知財業務の種類
  ・知財ポートフォリオマネジメント
  ・知財リスク対策
  ・知的財産の活用手法
  ・ノウハウ/情報管理

6.外部機関の活用
  ・政府機関のセミナー、知財団体の研修
  ・大学、大学院の知財教育
  ・民間サービス会社の支援

  <質疑応答>