5S改善基本習得コース 『安心・安全・働きがい職場の作り方』

 “5S改善”は経営の根幹をなす重要な活動です。また、QCDにも大きな影響を与え、特に品質向上や納期短縮に欠かすことができない管理技法です。しかし、5S改善は導入しやすい反面、継続が難しい活動とも言われています。それは5S改善が単なる整理・整頓するだけの美化活動となり『見せかけの・やらされ5S』となっているからです。『モノ乱れれば、ココロ乱れ、しいては職も乱れる』

 本研修会では、5S改善活動の正しい知識と理解を習得し、継続のキーポイントとなる『トップダウンコンセプト・ボトムアップアプローチ』による経営に直結した運営方法を学習いたします。また、すでに5S改善活動を導入しているが、なかなか成果の出ないとお悩みの5S推進者の方も必見です。目からウロコとなる事例が満載です!!この機会に多くのご参加者をお待ちしています。

【受講対象の方】


5S改善の基本を勉強したい方
工場での改善担当者・班長・組長
断舎離をしている方
工場が汚れているとお考えの経営者
ISO推進担当者


【セミナープログラム】


1.仕事前にあるもの
 企業の中の悪人と善人
 
2.企業(社会)と5Sについて
 世界一の企業を目指して
 5Sの対象はモノと時間そして心
 
3.先ずゼロ番目のS安全(safety)から
 安全の5S
 
4.整理とは(時間軸整理法・迷い箱)【演習】
 モノをいかに捨てるか!
 共有(Share)で更に削減
 迷い箱・迷い場所の活用
 新ツール時間軸整理法
 
5.清掃とは(点検清掃・保全清掃)【演習】
 安心・安全・快適な職場つくり
 
6.整頓【定置管理】(3定・見える化)【演習】
 2S3定
 見える化と定置管理(写真活用)
 色別管理と・5Sマット活用
 
7.清潔・躾(維持とルール)
 3SのPDCAと清潔
 ルール化と躾
 
8.モノとコトの5S(静から動へのムリ・ムダ・ムラ)
 モノの5Sからコトの5Sへ
 ムリ・ムダ・ムラ流れも整理する
 
9.組織と運営(フィシュ哲学・コーチング)
 ゆとり世代の5S活動活性化
 コーチングで気づきとやる気満ちてくる
 フィシュ哲学と5Sのコラボ『働きがい職場』を構築
 
10.まとめ・ISO22301対策(東日本大震災と5S活動)
 転ばぬ先の杖
 5S改善4つの箱で心の整理


【講師紹介】


株式会社グローバルテクノ 研修事業部 植木 憲二
1978年 駒沢大学 法学部 法律学科卒業。
1978年 不二家書店入社。販売・マーケティング担当。
1980年 不二家書店退職。
1980年 日本IE協会入職(現在:公益財団法人日本生産性本部)。協会雑誌編集部配属。
1985年 第1企画部配属。セミナー企画・イベント開催。
1994年 第1企画部長。経営課題から物流SCMにわたる課題を取り上げ事業拡大。
2010年 『第1回 全国生き生き5S活動発表大会』開催。製造業・医療・地域活性化・教育・などの多岐に渡る5S改善活動を取上げ5S活動の啓蒙を図る。以後3年間にわたり開催。
2013年 日本IE協会退職。
2013年 植木5S改善クリニック設立。
2013年 鳥取県戦略産業雇用創造プロジェクト推進協議会参加。鳥取県内約80社の中小企業の5S改善指導。
2016年 株式会社グローバルテクノ入社。
・ 日本経営工学会会員。日本IE協会会員。足利5S学校会員。
・ 主な著書は、「中国IE学会レポート(協会誌IEレビュー掲載)」、「中国天津生産性向上活動見聞録(協会誌IEレビュー掲載)」。


受講者の方々には特典として、5S改善に必要なオリジナルExcelテンプレートをもれなくプレゼントいたします。自社での活動に即効果間違いなし!!