未然防止・問題解決のプロセスマネジメントに役立つ「発見力」強化セミナー

【9月・東京開催】

管理(Control)のためのマネジメントから
創造のためのマネジメントへ

仕事の中心を「管理(Control)」から「発見」へ


 世の中では色々な領域で、色々なレベルの悲劇的問題が起きています。会社の存立を揺るがす問題から、お金と時間の大きな損失を招く問題まで様々ですが、トップの謝罪の中にあるのは「気づかなかった」という言い訳です。
 そして「再発防止」で示されるのは、もっと管理(Control)を強化しますという言葉で、気づかなかったのに「気づくようにします」という言葉はありません。これによって、どんどん気づかない会社・社会になり、また同じような問題が起きるのです。
 当セミナー講師である吉村達彦氏が考案したGD3※はこのような問題を未然に防ぐ手法ですが、その基本的考え方、問題発見から問題解決までの各プロセスに、発見を取り入れる手法について学びます。

※GD3:Good Design, Good Discussion, Good Dissection


日時


2019年9月4日(水) 9:20~17:00
2019年9月5日(木) 9:30~17:00 【2日間コース】

同じ内容で開催日が異なるセミナーがあります。
(このページのいちばん下でご案内しています)


講師


吉村 達彦 氏 (ジーディーキューブコンサルティング(株))

■ プロフィール
1942年 生まれ
1968年 トヨタ自動車株式会社入社
1988年 工学博士(東北大学)
 シャシー技術部部長、信頼性・強度シニアスタッフエンジニアリングなどを歴任
2000年 九州大学大学院工学研究院教授(個体力学講座)、兼、経済学研究院
2003年 ゼネラルモーターズエグゼクティブダイレクター(信頼性・耐久性戦略担当)
2007年 GD3コンサルティング代表

■ 表彰
自動車技術会賞受賞、機械学会技術貢献賞受賞、日経品質管理文献賞受賞

■ 著書

『発見力 -トヨタで学んだ“発見”をGD3問題解決プロセスに展開-
(日科技連出版社,2016)


参加費


62,000円(一般)/55,000円(会員)*税抜き


 参加者の所属企業が日科技連賛助会員の場合は、その旨を申し込みフォームの備考欄に記入してください。不明の場合は「会員不明、調査希望」と記入していただければ、当方で調査します。
 またこれを機会に入会を検討したい場合は、「入会検討のため資料希望」と記入してください。案内資料を送付し、セミナー正式受け付け以前にご入会いただくと、会員価格でご参加いただけます。


特徴


「発見力」を活かすマネジメント方法や考え方を学ぶことができます。
会社のすべての仕事で、「発見力」を活かす意味と方法を学ぶことができます。
問題解決・再発防止のプロセスで、「発見力」を活かす方法を学ぶことができます。


対象


企画・研究・開発・設計・実験・生産準備・製造・品質保証・検査・サービス等の分野で、品質(信頼性)問題解決に関心を持つ管理者、職場リーダーなど


カリキュラム


2日間コース

第1日 9:20~17:00
■午前
発見力の基礎 ~発見を仕事の中心に
・私たちはなぜ問題に気付けないのか
・発見力とは
・発見力演習
・発見力を高める方法

■午後
・発見力を高める方法を習得する演習
・GD3と発見力
DRBFMと発見力 



第2日 9:30~17:00
■午前
発見を中心にしたGD3 問題解決プロセス
・なぜ今問題解決なのか(間違いだらけの問題解決)
・問題解決と未然防止の関係(問題解決は問題の発見から)
・問題解決プロセスで発見力を生かす

■午後
FPA(Failure Phenomena Analysis)手法演習 他
(グループディスカッション)
(キーワード)「なぜ」より先に「何が」(事実の連なりの把握)、
 暫定対策/ 本対策の2段階問題解決、現因と原因、問題解決の振り返り、
 再発防止、情報の後工程引き取り


【同じ内容のセミナー(2019年度)】


第1回 2019年9月4日(水)~5日(木)     開催地:東京【このページのセミナー】

第2回 2020年2月13日(木)~14日(金) 開催地:東京
 https://www.monodukuri.com/seminars/detail/4059

(既に受付を締め切った回もあります。ご了承ください)