セミナー企業「日本科学技術連盟」プロフィール

企業名 日本科学技術連盟
公開セミナー 412件
特徴 一般財団法人日本科学技術連盟は、1946年5月1日に設立の科学技術団体であり、1962年に科学技術庁 (現文部科学省)所管の財団法人となり、2012年には公益法人制度改革に対応して財団法人から一般財団法人へと移行し、今日に至ります。 以来、科学技術の進歩・発展をはかるために必要な諸活動を通じて、産業界に寄与することを基本方針として、これを実現するために調査・研究・開発、大会・シンポジウム、教育訓練・国際交流、QCサークル活動の全国的普及、技術相談および広報・出版などの活動を通じて、科学的な経営管理技術の普及・進歩・発展に尽力。とくに、経営管理技術、「品質管理」を中心とする各種の事業は、国内はもとより世界各国から注目を集め、高い評価を得ており、日科技連のコアであるセミナー(教育)事業をはじめとしてデミング賞、日本品質奨励賞などの各種表彰事業、日本経済新聞社との協賛による「企業の品質経営度調査」など、企業の品質力向上に役立つ事業を幅広く提供しています。
事業内容 品質経営の推進・普及に向け、 日科技連ではさまざまな事業を展開しています。 ■教育・研修 ■大会・フォーラム・シンポジウム ■マネジメントシステム審査登録 ■QCサークル活動(小集団改善活動) ■企業の品質経営度調査 ■賞 ■資格・検定 ■賛助会員制度 ■出版 ■国際活動 ≪ISOについての取り組み≫ ISO 9000シリーズに基づく品質マネジメントシステム、ISO 14000環境マネジメントシステム、ISO 27001情報セキュリティマネジメントシステム、OHSMS労働安全衛生マネジメントシステム、ISO 22000食品安全マネジメントシステムをはじめとするマネジメントシステムの審査登録業務、および研修業務を展開しています。

「日本科学技術連盟」セミナー