FMEAを利用した設計のヌケ・モレ対策:(株)デンソーの事例 【後編】

2.デザインレビュー FMEA チーム活動(PQDR)

 前編に続いて解説します。デザインレビューで、一度にたくさんのことを確認するのは難しいです。工夫をしないとデザイン レビューは単なる儀式となってしまいます。よって、機能品事業部では、開発初期段階の成立性デザ インレビュー(以下、成立性DRという。)、初回試作図面のアーリーステージデザインビュー(以 下、ESDRという。)など、目的別にデザインレビューを何回も実施しています。

 FMEA チーム活動は、品質に特化したデザインレビュー(PQDR と命名 ;Perfect Quality Design Review)であり、設計者が作成したFMEA を元に、関係者が集まり、心配点を抜けなく洗い出す活 動です。 この活動は、他部署の専門家に参加してもらうため、スケジュールの確保がし易いことや、出 席者の疲労や効率を考えて、審議項目別(例えば樹脂関係だけで開催など)に開催日を細かく分け、 できる限り短時間(2~3 時間)で開催するようにしています。人間が集中できる時間は2~3 時間 であり、時間が足らなければ、次週再度開催して、続きを行います。

 製品説明の後、漏れなく不具合を予測するために、まず新規点・変化点を明確にし、参加者の 共通認識保有を図ります。これも、不具合を無くす重要なポイントの一つであり、新規点・変更点が 明確でなかったために、誰もディメリットを考えず、問題を起こすことが多いのです。 次に、設計者が作成したFMEA シートを基に、FMEA 辞書を見ながら、あるいは気づきのキーワー ド集を使って心配点の抜けがないかを確認します。これが、三回目のチェックです。

 

3.気付きを支える管理や仕組み

 不具合がなぜ発生したのか、突き詰めていくと、ハード的な原因の対策だけでは解決できません。 改善すべきは、人ではなくプロセス。必ず人材育成、マネジメント、仕組み等のソフト面の改善 をしないと、未然防止ができない事に気付きます。手順書、約束事はヒューマンエラー防止の第一歩でもあります。

 ここで言う“仕組み”は、会社のルール、レビュー会議やチーム活動を意味します。“マネジメント技術”は、主にグループリーダーが管理をするための技術のことを示しています。

3.1 人材育成とマネジメント技術の改善

 図4に人材育成とマネジメントの改善項目をまとめました。これらはすべて不具合の分析結果から生じた改善活動です。

人材育成とマネジメントの改善

3.2 仕組みの改善

 図5は仕組みの改善事例をまとめたもので、左側が当社の会社規定で定められている会議体、中央に機能品事業部独自で実施している会議体と右側に会議体創設のいきさつを記入しています。つまり、それぞれの会議体の目的と、どんな不具合の反省から創設されたかを示しています。2節で説明した「FMEAチーム活動」は、やり方を改善した事例です。

品質保証体系

 その他に、成立性DR、ESDR、耐久品精査会(RVA:Reliability Visual Audit)、伝承デザインレビュー(以下、伝承DRという。)などを実施しています。

 生産技術も製品企画段階から参加し、製造課題を早く見つけて解決するための部署を設け、フロントローディング活動を実施しています。

 

4.FMEAを利用した設計のまとめ

4.1 心配点に気付く活動の効果

 上記に示したFMEAチーム活動を進めた結果、技術部の「正式出図後量産立ち上りまでの設変件数」は、2010 年0件を達成し、事業部の品質も年々良くなっています。 これは、FMEA辞書で設計者の技術力アップを図り、マクロのFMEA作成シートで設計者が心配点に気づき、キーワード集で審議者が気づく事により、設計者が早め早めに処置を実施する事の積み重ねで、品質レベルを向上する事ができたからです。

 また、技術者の品質意識も変わり、業務効率も上がっています。この道具を使った勉強会で、新人の早期育成、即戦力化にも役立っています。

 4.2 品質問題解決のポイント

 以上の重要なポイントをまとめたのが図6です。

重要品質問題解決重要ポイント

セミナー「設計・開発における未然防止手法セミナー」

9:20 ~ 17:00 

大阪・日科技連 大阪事務所

66,960円

参考資料

FMEAのDVD

 デンソーでのDRとFMEAの適用実際を詳細に解説したセミナーのDVDを制作しました。

「品質問題をなくす設計と設計審査の考え方 ”FMEA辞書”」
   https://www.monodukuri.com/dvd_library/dt/1/

 この中で今回の事例が詳しく説明されていますので、是非参考にしてください。


この記事の著者

本田 陽広

品質問題を“0”にする設計と設計審査の考え方をお伝えします 

品質問題を“0”にする設計と設計審査の考え方をお伝えします 

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「FMEA」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「本田 陽広」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。