物流の効用を強調する(その1) 物流の実力とは

New

サプライチェーンマネジメント

◆ 物流作業だけ強調しない

 普段はほとんど意識されていませんが、物流の付加価値というものを相手に伝えることは物流の地位向上のためにも必要なことではないでしょうか。例えば物流は空間的なギャップを埋めるために存在するものです。大阪で生産された製品を仙台で販売するといったように空間的ギャップを埋めるのです。このように改めて考えてみると物流の重要性というものが理解できるのではないでしょうか。

 最近益々と成長を続ける通信販売ですが、企業間の差は物流でついていることは歴然としています。当日配送や翌日配送といった顧客に対するリードタイムは出荷や配送にかかる時間など物流レベルに左右されるのです。

 さらに注文した時に手に入るように在庫管理も大きな要因です。これも物流の実力の内です。商品力ではどこの会社も大差ありませんが物流では大きな差が出るのです。

 これほどまで重要な物流ですが世間ではそれほど評価されていません。物流はいつの時代でも縁の下の力持ち的な存在なのです。それはなぜでしょうか。

 その大きな要因は物流側にあると考えられます。物流は物流作業そのものを顧客に訴え掛けて仕事を取ろうとしています。輸送ネットワークや倉庫の位置、広さ、作業に対する価格などばかりをアピールしていますので、その点では大きな差がみられないでしょう。

 確かに商品のPRも必要です。それ抜きに顧客は納得しないことも確かです。しかしそれだけでは大きな差はみられず、結果的に「価格で決めよう」ということにつながってしまうのです。そこでもっと強調しなければならないものがあります。物流の結果何が得られるか、つまり物流の効用です。

 物流の効用を強調することでその会社に魅力を感じるという顧客も出てくることでしょう。

 次回に続きます。


この記事の著者

仙石 恵一

物流改革請負人の仙石惠一です。日本屈指の自動車サプライチェーン構築に長年に亘って携わって参きました。サプライチェーン効率化、物流管理技術導入、生産・物流人材育成ならばお任せ下さい!

物流改革請負人の仙石惠一です。日本屈指の自動車サプライチェーン構築に長年に亘って携わって参きました。サプライチェーン効率化、物流管理技術導入、生産・物流人...

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「サプライチェーンマネジメント」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「仙石 恵一」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。