お客様起点のSCM(その1) お客様起点とすることがSCMの肝

サプライチェーンマネジメント

◆ 在庫の持ち方とものの作り方

 物流業はサプライチェーン全体を見渡せる立場にありますから、意識するしないに関わらずサプライチェーンマネジメントの一端を担っているのだと思います。

 サプライチェーンの終点は最終カスタマーになります。そこでサプライチェーンの組み立ては当然のことながら最終カスタマーから出発し、上流へ上流へとさかのぼっていくことになります。自社の最終製品在庫がサプライチェーンの終点となっている場合はサプライチェーンといいつつ、お客様と十分に連携できていないケースがあります。

 在庫を抱え販売していく業界がこのような方式を取っている可能性があります。ただこれがサプライチェーンではないかといえばそれは違います。範囲が最終顧客に結びついていないだけで、自社内ではサプライチェーンを形成していることになります。

 しかし、顧客に結びついていないと在庫をどれくらい保有したらよいのか分からなくなります。結果、需要予測がしっかりしていないことから余剰在庫や欠品が発生するのです。これでは会社経営に悪影響を与えかねません。やはりお客様を起点とすることがサプライチェーンマネジメントの肝であるということが分かるのです。理想をいえばお客様が買って下さった分だけ作るということになるでしょう。別の見方をすればお客様から発注があった分だけ作るということになります。

 日用品などのコモディティの場合は前者のやり方、高額商品であれば後者のやり方で進めることが一般的ではないでしょうか。もちろんその逆があっても良いのですが、特に日用品は小売店に買いに行きその場で持ち帰りますので、一定の在庫は必要です。

 高額商品を在庫補充方式にすることはお客様に対するリードタイム短縮には良いのですが在庫金額が大きくなり、廃棄金額にも影響します。自社商品の特性でどちらの方式が良いか判断が必要でしょう。

 次回に続きます。


この記事の著者

仙石 恵一

物流改革請負人の仙石惠一です。日本屈指の自動車サプライチェーン構築に長年に亘って携わって参きました。サプライチェーン効率化、物流管理技術導入、生産・物流人材育成ならばお任せ下さい!

物流改革請負人の仙石惠一です。日本屈指の自動車サプライチェーン構築に長年に亘って携わって参きました。サプライチェーン効率化、物流管理技術導入、生産・物流人...

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「サプライチェーンマネジメント」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「仙石 恵一」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。