改善マインドを喚起する(その3) 物流は「外を見ること」が大切

New

 

SCM

 倉庫の生産密度は、他の職場の半分以下であることが、多く見かけられます。

 こういった主観的感覚が当たり前に感じてしまうことが怖いところですが、倉庫内での仕事の忙しさがどこよりも大変であると思い込み、改善をしようという気にならないからです。そうこうしている内にライバル会社は改善を進め、その会社の 2倍、3倍の労働密度で仕事をしていくのです。

 自社内だけを見ているだけではどこまで改善を進めたらよいのかが分からないかもしれません。  

 必要なことは外を見ることです。そして刺激を受けること。物流倉庫で自分たちは息つく暇もなく、あわただしく仕事をしていると思っているかもしれません。ただし、その感じ方はあくまでも自分たちの主観的な感じ方であることがほとんどでしょう。  

 そうならないためにも「外を見ること」を心がけることです。

 よく得意先から値下げ要請があって困っているという話を聞きます。これは困るどころか改善を進めるチャンスだと考えた方がよさそうです。改善をとことんやり尽くしてもう何も出ない状態で値下げ要請が来ると厳しいかもしれませんが、そこまでやり尽くしているところは中々ありません。

 改善をすることなく値下げ要請に頭を抱えている会社がどれだけ多くあることでしょうか。

 本当に息つく暇もなく、倉庫内を常に走り回るような仕事の仕方になっていなければ、その値下げ要請に対応できる体力は十分に残っていると考えられます。常に同業他社の状況を把握するとともに、改善の進んでいる他業種も見て自社がどのように改善を進めていったらよいのかについて考えてみましょう。

 特に物流業の方には製造業を見ることをお勧めします。改善が進んでいることは当然として、人の動きがまったく違うことに驚くはずです。トップは自ら製造業の改善手法に学び、改善マインドを社員に伝えるように心がけていきましょう。


この記事の著者

仙石 恵一

物流改革請負人の仙石惠一です。日本屈指の自動車サプライチェーン構築に長年に亘って携わって参きました。サプライチェーン効率化、物流管理技術導入、生産・物流人材育成ならばお任せ下さい!

物流改革請負人の仙石惠一です。日本屈指の自動車サプライチェーン構築に長年に亘って携わって参きました。サプライチェーン効率化、物流管理技術導入、生産・物流人...

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「サプライチェーンマネジメント」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「仙石 恵一」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。