チーム力を活かす設計ルームのレイアウトとは

 
 今回は、金型メーカーに限らず、機械設備メーカーなども含め、設計室(設計ルーム)でチーム力を活かすレイアウトについて解説します。
 

1. アイランド方式とは

 この設計ルームについては、各社拝見させていただくと、あまりこれといったセオリーがなく、主に人の動線や、誰と誰が近い方が便利が良いとか、ベテランと若手の打ち合わせ頻度などを考慮して決めるなど、日々の利便性から何となく決められていることが多い印象があります。
 
 そういった背景の中、私がオススメするのが、下図のような「アイランド方式」です。
  
技術マネジメント
 
 このように壁側に机を並べ、設計者も壁側に向かって作業します。また、部屋のセンターに打ち合わせ用の机を用意します。
 

セミナー「設計部門の「見える化」による生産性向上方法」

10:00 ~ 17:00 

[東京・大井町] きゅりあん 4階 第3グループ活動室

46,440円

2. アイランド方式のメリット

 各設計者のディスプレイをお互いに見ることができて、進捗把握がしやすい(向かい合わせで机を配置すると、お互いにディスプレイ画面が見れない)。いざ、複数設計者による打ち合わせが必要なとき、迅速にショートミーティングを行うことができる。
 
 まさに、これまで個人依存になりがちだった設計作業について、複数者の知恵を出し合ったり、必要なタイミングで複数の該当者に情報を伝えることができます。こういったタイミングで下図のように、集まって欲しい人に声をかけ、ショートミーティングを行います。
 
技術マネジメント
 
 働き方改革が叫ばれている現代社会において、設計部門に限らず、たっぷり時間をかけた重量級の会議は時代遅れです。別室に移動してたっぷり時間をかけるのではなく、さっと集まり最小限の時間で情報交換や意見収集を行うべきで、その為のレイアウトが必要です。
 
 ただし、金型メーカーに多いのですが、複数設計者による情報交換がほとんどなかったり、一つの設備を複数で設計することが全くないといったケースでは適さないこともあります。これはご注意ください。それでも、お互いのディスプレイ画面は見やすくなり、進捗把握がしやすいというメリットはあります。
 

この記事の著者

村上 英樹

金型・部品加工業専門コンサルティングです!販路開拓・生産改善・外注費削減の3つを支援するトライアングル支援パッケージ、技術を起点とする新しい経営コンサルタント

私は、金型メーカーや部品加工業専門の経営コンサルタント、中小企業診断士で、小規模事業者のコンサルティングを得意としています。規模の大きい企業とは異なり、技術そのものをさらに高める、より高く売る、より多くの仕事を集める、といったダイレクトな…

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「技術マネジメント」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「村上 英樹」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。

すでに会員の方はこちらからログイン