ホーム > 技法解説 > 新QC7つ道具 > マトリックス・データ解析法

マトリックス・データ解析法 とは

マトリックス・データ解析法とは、多数の数値を整理するにあたり、説明変数同士の相関をもとに、できるだけ少数の指標で記述し、それを平面上に表す手法で、多変量解析の主成分分析と呼ばれるものです。 手順としては説明変数間の相関行列を作り、説明変数と同数の主成分を定義し、それぞれの寄与率を評価する事で、各主成分の意味を考えます。 特徴的な2つの主成分軸で各サンプルを評価すると、当初の説明変数で比較するよりもそれぞれの特徴を一層際立たせることが可能になります。


マトリックス・データ解析法の解説記事一覧

マトリックス・データ解析法の活用事例一覧

の活用事例はまだありません。


マトリックス・データ解析法で解決できる課題

8件中 18件目
並び替え: 対応度 課題分類


対応度 課題分類 課題
3 生産 不良原因を特定し、的確に対策したい
1 企画 企業戦略・方針にあった製品企画をしたい
1 企画 顧客要求に応える製品を明確にしたい
1 設計・開発 研究開発すべき技術テーマを的確に選定したい
1 設計・開発 採取済みのデータから有意な要因を判別したい
1 生産 製造データから特性値を予測したい
1 生産 合否判定を効率的にしたい
1 市場品質 市場クレームへの対応を迅速にしたい






MONO - モノづくりを愛する起業家達のためのコワーキングオフィス
月刊ビッグライフ21 BigLife21 私たちは全国420万中小企業の代弁者です。
≫広告掲載をご希望の方はこちら