「経済性工学」とは

経済性工学とは複数の計画案を経済的に比較、評価する方法です。 経済的に有利な方策を探し、比較し、選択するための理論と技術の総称であり、採算計算や経済性分析などのいわば“損得計算”です。 発生コストの最小化だけでなく、機会損失の最小化をも含めて原価の極小化したり、製品価値を損なわずにコストを最小化させるVE/VA、技術の経済性を分析してその経済的有効性を判断する方法などが含まれす。 財務会計が過去、管理会計が現在の活動状況を表すのに対して、将来に向けた意思決定のための計算です。


「経済性工学」のキーワード解説記事

もっと見る
経済性工学 (その1) R&Dを定量評価する

 経済性工学は、費用対効果、損得計算、意思決定のための経済性分析などとも表現されており、不確実性の時代には、技術者が成果を確かなものにするための差別化スキルと…

 経済性工学は、費用対効果、損得計算、意思決定のための経済性分析などとも表現されており、不確実性の時代には、技術者が成果を確かなものにするための差別化スキルと…


経済性工学 (その2) 経済性工学概要

1. フリー・キャッシュフロー   今日、企業に要求されている財務諸表では、損益計算書(P/L)、貸借対照表(B/S)だけでなく、キャッシュフロー計算書が重…

1. フリー・キャッシュフロー   今日、企業に要求されている財務諸表では、損益計算書(P/L)、貸借対照表(B/S)だけでなく、キャッシュフロー計算書が重…


経済性工学 (その4) Excelでの計算ロジック

 前回は、第3回 、経済性工学の原理原則でした。今回はExcelを使って経済性を計算してみます。   1. 正味現在価値法(NPV: Net P…

 前回は、第3回 、経済性工学の原理原則でした。今回はExcelを使って経済性を計算してみます。   1. 正味現在価値法(NPV: Net P…

「経済性工学」の活用事例

もっと見る
人的資源マネジメント:予測精度を高めるメトリクス基準モデル(その3)

 メトリクスによる実践的進捗管理の仕組みは3つの仕組みで構成されているのですが、今回は「基準モデル」について解説します。基準モデルは見積もり作成のための数値モ…

 メトリクスによる実践的進捗管理の仕組みは3つの仕組みで構成されているのですが、今回は「基準モデル」について解説します。基準モデルは見積もり作成のための数値モ…


人的資源マネジメント:予測精度を高めるメトリクス基準モデル(その2)

 メトリクスによる実践的進捗管理の仕組みは3つの仕組みで構成されているのですが、今回は「基準モデル」について解説します。基準モデルは見積もり作成のための数値モ…

 メトリクスによる実践的進捗管理の仕組みは3つの仕組みで構成されているのですが、今回は「基準モデル」について解説します。基準モデルは見積もり作成のための数値モ…


設計段階で加工品見積ソフトを生かす方法(その3)

4. 設計者に提供すべきコスト情報は  設計者に役立つコスト情報をどのように考えるかについて解説します。最初に製品開発のステップとコストの関係を表1に整…

4. 設計者に提供すべきコスト情報は  設計者に役立つコスト情報をどのように考えるかについて解説します。最初に製品開発のステップとコストの関係を表1に整…