働き方改革、信頼・協力関係の構築とは、イライラを排除した働き方改革

投稿日

働き方改革、信頼・協力関係の構築とは、イライラを排除した働き方改革

 

今回は、働き方改革の推進に必要な「行動」について、おはなしします。

【目次】

    1. 働き方改革、改革の推進に必要な行動とは

    働き方改革を制度化だけで終わらせない取り組み方ですが、どんなに制度を確立しても仕事のイライラ感がなくならなければ、真の働き方の変革は訪れません。

     

    私たちの脳は、何かの行動を起こす前に、ある程度の予測を立ててから行動に移ります。プリンターで印刷物をプリントアウトするときにも、印刷のコマンドを実行して、印刷物を手にし、席に戻るまでの時間を予測しています。

     

    例えば「30秒くらいかかるかな?」とか「途中で話しかけられそうだから、5分はかかるかな?」など、見積時間をあらかじめ意識します。

     

    ところが、途中に邪魔なモノや人、プロセスなどが入り込み、見積時間よりも多く時間がかかってしまうと「イライラ」という感情を抱きはじめます。この時、コルチゾールやアドレナリンが脳内から分泌され、心拍数や血圧が上昇してしまい、まさにストレス増大する傾向が強くなります。そして、これらは感情処理や制御にも悪影響を及ぼしてしまいます。

     

    もし、あなたの職場が、設定した見積時間を常に超えるような環境だとしたら、メンタルヘルスにも悪影響を及ぼし、マイナス感情が蔓延していくことで人間関係までも破壊し、組織と人を破壊してしまうのです。

     

    2. 働き方改革、日常業務では気付かないイライラ感とは

    このイライラ感は、強く感じることもありますが、日常業務では気付かないようなイライラ感もあります。例えば「オフィスが狭いから仕方ない」とか「設備の構造上、仕方がない」という前提条件を認知しているようなときには「イライラが起きても仕方ないし、どうすることも出来ない」と、イライラ感に慣れが生じてしまうのです。

     

    実際に脳はイライラを感じていても、慣れからイライラに気付かない状態は、ストレス原因に気付くことが出来ず、ストレスを蓄積するばかりです。これも、立派なストレスの原因(ストレッサー)です。無意識に小さなイライラ感を重ねることになるので、私は「ステルス・ストレッサー」と呼んでいます。

     

    冷静で穏やかな気持ちで仕事を進めるには、イライラの原因となる「ムダ」に気付き、改善を進める必要があるのです。

     

    フレックスタイムやテレワーク制度、さらには、労働時間の短縮などで、キャリア支援制度を確立しても、その職場のイライラ原因を排除/廃除しなければ、真の働き方改革は訪れません...

    働き方改革、信頼・協力関係の構築とは、イライラを排除した働き方改革

     

    今回は、働き方改革の推進に必要な「行動」について、おはなしします。

    【目次】

      1. 働き方改革、改革の推進に必要な行動とは

      働き方改革を制度化だけで終わらせない取り組み方ですが、どんなに制度を確立しても仕事のイライラ感がなくならなければ、真の働き方の変革は訪れません。

       

      私たちの脳は、何かの行動を起こす前に、ある程度の予測を立ててから行動に移ります。プリンターで印刷物をプリントアウトするときにも、印刷のコマンドを実行して、印刷物を手にし、席に戻るまでの時間を予測しています。

       

      例えば「30秒くらいかかるかな?」とか「途中で話しかけられそうだから、5分はかかるかな?」など、見積時間をあらかじめ意識します。

       

      ところが、途中に邪魔なモノや人、プロセスなどが入り込み、見積時間よりも多く時間がかかってしまうと「イライラ」という感情を抱きはじめます。この時、コルチゾールやアドレナリンが脳内から分泌され、心拍数や血圧が上昇してしまい、まさにストレス増大する傾向が強くなります。そして、これらは感情処理や制御にも悪影響を及ぼしてしまいます。

       

      もし、あなたの職場が、設定した見積時間を常に超えるような環境だとしたら、メンタルヘルスにも悪影響を及ぼし、マイナス感情が蔓延していくことで人間関係までも破壊し、組織と人を破壊してしまうのです。

       

      2. 働き方改革、日常業務では気付かないイライラ感とは

      このイライラ感は、強く感じることもありますが、日常業務では気付かないようなイライラ感もあります。例えば「オフィスが狭いから仕方ない」とか「設備の構造上、仕方がない」という前提条件を認知しているようなときには「イライラが起きても仕方ないし、どうすることも出来ない」と、イライラ感に慣れが生じてしまうのです。

       

      実際に脳はイライラを感じていても、慣れからイライラに気付かない状態は、ストレス原因に気付くことが出来ず、ストレスを蓄積するばかりです。これも、立派なストレスの原因(ストレッサー)です。無意識に小さなイライラ感を重ねることになるので、私は「ステルス・ストレッサー」と呼んでいます。

       

      冷静で穏やかな気持ちで仕事を進めるには、イライラの原因となる「ムダ」に気付き、改善を進める必要があるのです。

       

      フレックスタイムやテレワーク制度、さらには、労働時間の短縮などで、キャリア支援制度を確立しても、その職場のイライラ原因を排除/廃除しなければ、真の働き方改革は訪れません。日頃から、心理的安全性を確保し、気付いたムダについては、報連相しやすい環境を整備する。そして、ストレッサーの原因を改善に向けて、協力・協調しあうことです。この繰り返しで、業務効率向上や信頼・協力関係の構築が進むのです。制度の確立だけではなく、具体的な改善行動で働き方改革を実現させましょう。

       

      ◆【特集】 連載記事紹介:連載記事のタイトルをまとめて紹介、各タイトルから詳細解説に直リンク!!

         続きを読むには・・・


      この記事の著者

      坂田 和則

      現場を見る目が違うからリピート率90%超え。 等身大の言葉で語るから現場ウケしてます。 問題/課題解決モチベーションに火を付けるのなら!

      現場を見る目が違うからリピート率90%超え。 等身大の言葉で語るから現場ウケしてます。 問題/課題解決モチベーションに火を付けるのなら!


      「ゼネラルマネジメント」の他のキーワード解説記事

      もっと見る
      :その意味と留意点   アウトソーシング(その1)

        【アウトソーシング、連載目次】 1.アウトソーシング(その1):その意味と留意点 2.アウトソーシング(その2):実行手順 ...

        【アウトソーシング、連載目次】 1.アウトソーシング(その1):その意味と留意点 2.アウトソーシング(その2):実行手順 ...


      間接部門の生産性向上策

       間接部門の生産性については、製造業では、あまり議論されませんが、実はモノづくり工場の生産性は、間接部門が握っていると言っても過言ではないでしょう。 ◆...

       間接部門の生産性については、製造業では、あまり議論されませんが、実はモノづくり工場の生産性は、間接部門が握っていると言っても過言ではないでしょう。 ◆...


      ジョブ型雇用とは、求められる制度変更

        第4次産業革命が進行中の現代、AI・IoT・DX技術などの発達で、何を創るかのフロントランナーの時代へとパラダイムシフトしています。企...

        第4次産業革命が進行中の現代、AI・IoT・DX技術などの発達で、何を創るかのフロントランナーの時代へとパラダイムシフトしています。企...


      「ゼネラルマネジメント」の活用事例

      もっと見る
      コスト削減の抵抗勢力

       コスト削減活動に力を入れたくても社内の抵抗勢力に阻まれる時があります。本来コスト削減は企業利益確保の為の活動ですが、それが一部部署、一部従業員の不利益に...

       コスト削減活動に力を入れたくても社内の抵抗勢力に阻まれる時があります。本来コスト削減は企業利益確保の為の活動ですが、それが一部部署、一部従業員の不利益に...


      ‐社内の問題克服による開発活動‐  製品・技術開発力強化策の事例(その14)

       前回の事例その13に続いて解説します。社内における様々な問題を高いレベルで深く追及して解決することが、競争力のある技術を育成し、売れる製品を生み出す事に...

       前回の事例その13に続いて解説します。社内における様々な問題を高いレベルで深く追及して解決することが、競争力のある技術を育成し、売れる製品を生み出す事に...


      ‐経営理念と顧客満足の経営‐ 製品・技術開発力強化策の事例(その40)

      1.経営理念と経営者の行動  前回の事例その39に続いて解説します。経営理念とは、その企業の行動の規範を示したもので、経営者が事業に取り組むに際して...

      1.経営理念と経営者の行動  前回の事例その39に続いて解説します。経営理念とは、その企業の行動の規範を示したもので、経営者が事業に取り組むに際して...