サプライチェーンマネジメントによる全体最適化(その2)SCM戦略とは

 

 

前回は、SCMの解説と困難にしている要因について、解説しました。過剰在庫と欠品リスクのバランスを取る難しさがあります。またSCMを困難にする4つの要因についても解説をしました。今回は、SCM戦略を中心に解説を行います。

 

1.SCM戦略①:生産方式

 

SCM

 

SCMの目的を達成するための生産方式は大きく2つに大別できます。

 

  • プッシュ生産方式
  • プル生産方式

 

プッシュ生産方式は、需要予測に基づいて生産計画を立て、それに従う方法です。在庫を前提とするため欠品リスクは小さいですが、需要予測が外れると在庫になるリスクがあります。

 

一方のプル生産方式は、在庫を持たずに売れた分だけ生産する方法です。トヨタ自動車のJITがこの代表例です。在庫は抑制できますが、リードタイムが長い製品では、欠品リスクを負うことになります。

 

このようにどちらが優れているというものではなく、製品種類・需要の変動幅から最適な生産方式を選択するものである。

 

2.SCM戦略②:プル・プッシュ混合方式

またプッシュ生産とプル生産を組み合わせる場合もあります(下記)。製品の共通部分はプッシュ生産で、多様化をプル生産で行うものです。なおこの境界をデカップリングポイントと呼びます。

 

SCM

 

有名な事例として、ベネトン社の後染めセーターがあります。白色のセーターを共通部分とし、計画的に生産するプッシュ生産としています。一方で顧客への販売量に応じて、後染めでセーターの多様化を行います。なお、染色前のセーターをデカップリング在庫と呼びます。

 

この方式を採用した理由は、どの色が、どのくらい売れるかは予測しづらいです。しかし、セーター自体が売れる量は予想しやすいので、染色前の白色セーターにはプッシュ生産方式を採用します。

 

顧客の選択肢を増やすために様々な色で在庫を持つと、売れないものは不良在庫となります。そのため売れた分だけ、後染めで補修できるようなプル生産方式を採用しました。また後染めならスループットが短いので、顧客要求のリードライムよりも短くできる。

 

こう書くと簡単に聞こえますが、後染めができる商品作りや後染め工程などSCMに合わせた商品開発や生産工程を構築する技術が必要になります。

 

3.SCM戦略③:ポストポーンメント

もう一つの戦略です。プル生産にあたる多様化を顧客近辺で実施するものです。輸送時間などを更に削減し、スループットを短縮する戦略です。これをポストポーンメント戦略と呼びます。

 

先ほどの後染めセーターを例に取ると、すべての生産を一拠点、例えば中国で行うと、米州・欧州への顧客には輸送期間分のタイムラグが発生し、スループットの短縮に限りがあります。そこで、中国では後染めできる白色セーターだけをプッシュ生産し...

 

 

前回は、SCMの解説と困難にしている要因について、解説しました。過剰在庫と欠品リスクのバランスを取る難しさがあります。またSCMを困難にする4つの要因についても解説をしました。今回は、SCM戦略を中心に解説を行います。

 

1.SCM戦略①:生産方式

 

SCM

 

SCMの目的を達成するための生産方式は大きく2つに大別できます。

 

  • プッシュ生産方式
  • プル生産方式

 

プッシュ生産方式は、需要予測に基づいて生産計画を立て、それに従う方法です。在庫を前提とするため欠品リスクは小さいですが、需要予測が外れると在庫になるリスクがあります。

 

一方のプル生産方式は、在庫を持たずに売れた分だけ生産する方法です。トヨタ自動車のJITがこの代表例です。在庫は抑制できますが、リードタイムが長い製品では、欠品リスクを負うことになります。

 

このようにどちらが優れているというものではなく、製品種類・需要の変動幅から最適な生産方式を選択するものである。

 

2.SCM戦略②:プル・プッシュ混合方式

またプッシュ生産とプル生産を組み合わせる場合もあります(下記)。製品の共通部分はプッシュ生産で、多様化をプル生産で行うものです。なおこの境界をデカップリングポイントと呼びます。

 

SCM

 

有名な事例として、ベネトン社の後染めセーターがあります。白色のセーターを共通部分とし、計画的に生産するプッシュ生産としています。一方で顧客への販売量に応じて、後染めでセーターの多様化を行います。なお、染色前のセーターをデカップリング在庫と呼びます。

 

この方式を採用した理由は、どの色が、どのくらい売れるかは予測しづらいです。しかし、セーター自体が売れる量は予想しやすいので、染色前の白色セーターにはプッシュ生産方式を採用します。

 

顧客の選択肢を増やすために様々な色で在庫を持つと、売れないものは不良在庫となります。そのため売れた分だけ、後染めで補修できるようなプル生産方式を採用しました。また後染めならスループットが短いので、顧客要求のリードライムよりも短くできる。

 

こう書くと簡単に聞こえますが、後染めができる商品作りや後染め工程などSCMに合わせた商品開発や生産工程を構築する技術が必要になります。

 

3.SCM戦略③:ポストポーンメント

もう一つの戦略です。プル生産にあたる多様化を顧客近辺で実施するものです。輸送時間などを更に削減し、スループットを短縮する戦略です。これをポストポーンメント戦略と呼びます。

 

先ほどの後染めセーターを例に取ると、すべての生産を一拠点、例えば中国で行うと、米州・欧州への顧客には輸送期間分のタイムラグが発生し、スループットの短縮に限りがあります。そこで、中国では後染めできる白色セーターだけをプッシュ生産し、欧州の顧客向けには、例えばハンガリー、米州の顧客向けにはメキシコ、といった顧客の近くで後染め工程を実施することで、スループットの短縮を行うことです。

 

SCM

 

以上、SCM戦略について解説しました。どれも生産部門だけで対応できるものではなく、設計段階からの取り組みなど横断的な活動が必要となります。一朝一夕でできるものではありません。全社一丸での取り組みが必要です。

 

 

 

  残り20% 続きを読むには・・・


この記事の著者

松宮 恭一郎

現状維持バイアスから抜け出し、全体最適を。 一緒に考える伴走型コンサルティングで理想の姿に導きます。

現状維持バイアスから抜け出し、全体最適を。 一緒に考える伴走型コンサルティングで理想の姿に導きます。


「サプライチェーンマネジメント」の他のキーワード解説記事

もっと見る
面積原価(その2)

 前回のその1に続いて解説します。    SCMのあるべき生産性の評価指標を検討するために、SCMの本来の目標は何か、もう一度振り返って考え...

 前回のその1に続いて解説します。    SCMのあるべき生産性の評価指標を検討するために、SCMの本来の目標は何か、もう一度振り返って考え...


サプライチェーンの戦略的経営モデル -人間系と情報技術(ICT)の融合-

 生産財メーカーの今後の経営モデルをサプライチェーンの原理原則からみると、熟練をベースとした人間系と情報技術(ICT)の融合といえます。「BTB(ビジネス...

 生産財メーカーの今後の経営モデルをサプライチェーンの原理原則からみると、熟練をベースとした人間系と情報技術(ICT)の融合といえます。「BTB(ビジネス...


顧客と競合と市場のサプライチェーン三角関係

 重要なのは顧客のデマンドチェーンやバリューチェーンである、と説くまでならよいですが、サプライチェーンは供給者の論理にすぎないとの行き過ぎた説を見かけるこ...

 重要なのは顧客のデマンドチェーンやバリューチェーンである、と説くまでならよいですが、サプライチェーンは供給者の論理にすぎないとの行き過ぎた説を見かけるこ...


「サプライチェーンマネジメント」の活用事例

もっと見る
物流サービスのメリットとは:物流の関心度とは(その4) 

  ◆物流サービスのメリットとは 物流に限ったことではありませんが、他社にできない点、あるいはほとんどの会社が手がけていない点をアピール...

  ◆物流サービスのメリットとは 物流に限ったことではありませんが、他社にできない点、あるいはほとんどの会社が手がけていない点をアピール...


輸送距離の改善とは:これからの輸送改善のコツ(その1)

  ◆ 輸送距離の改善  物流機能の中で最も重要な輸送について考えることは大切です。この機能を改善することはいろいろな派生効果を生み出し...

  ◆ 輸送距離の改善  物流機能の中で最も重要な輸送について考えることは大切です。この機能を改善することはいろいろな派生効果を生み出し...


物流現場の労務管理

1. 物流管理監督者の実態  皆さんの会社の現場では長時間労働の問題は発生していませんでしょうか。長時間労働は労働者に身体的・精神的負担を与え、労働...

1. 物流管理監督者の実態  皆さんの会社の現場では長時間労働の問題は発生していませんでしょうか。長時間労働は労働者に身体的・精神的負担を与え、労働...