樹脂とは、樹脂の不思議解明、プラスチックとの違い? 

New

樹脂とは

 

製品の使われ方を明確にせずに、品質の高い製品を設計することは困難です。特に合成樹脂材料は、環境条件に対する安定性も低いため、製品の使われ方の見極めが非常に重要です。合成樹脂材料が原因の製品不具合は非常に多く発生していますが、その多くが使われ方の抽出不足と、合成樹脂材料の環境条件に対する不安定性に起因します。合成樹脂材料を使った製品において、製品の使われ方を見極めることの重要性を理解して下さい。 

「5大汎用プラスチック」と呼ばれるPVC(ポリ塩化ビニル)・PE(ポリエチレン)・PS(ポリスチレン)・PP(ポリプロピレン)・ABSや、「5大エンプラ」と呼ばれるPA(ポリアミド)・PC(ポリカーボネート)・ポリエステル(PBT,PET)・POM(ポリアセタール)・変性PPE(変性ポリフェニレンエーテル)など、一般に広く使われている合成樹脂ですが、上手に使いこなすためには、合成樹脂材料の性質をよく理解することが重要です。その中でも応力とひずみの関係は、最も基本的かつ重要な性質の一つです。材料力学は基本的に材料が弾性変形することを前提にしていますが、合成樹脂材料の弾性変形範囲は非常に狭いので、設計を行う上では注意を要します。弾性変形以外の部分も含めて、材料の性質を分かりやすく示すために用いられるのが応力-ひずみ曲線です。英語で応力はStress、ひずみはStrainなので、頭文字を取ってS-S曲線とも呼ばれます。詳細は、解説記事:プラスチックの強度設計とは、曲げ弾性率・ヤング率を参照。

樹脂とは

 

製品の使われ方を明確にせずに、品質の高い製品を設計することは困難です。特に合成樹脂材料は、環境条件に対する安定性も低いため、製品の使われ方の見極めが非常に重要です。合成樹脂材料が原因の製品不具合は非常に多く発生していますが、その多くが使われ方の抽出不足と、合成樹脂材料の環境条件に対する不安定性に起因します。合成樹脂材料を使った製品において、製品の使われ方を見極めることの重要性を理解して下さい。 

「5大汎用プラスチック」と呼ばれるPVC(ポリ塩化ビニル)・PE(ポリエチレン)・PS(ポリスチレン)・PP(ポリプロピレン)・ABSや、「5大エンプラ」と呼ばれるPA(ポリアミド)・PC(ポリカーボネート)・ポリエステル(PBT,PET)・POM(ポリアセタール)・変性PPE(変性ポリフェニレンエーテル)など、一般に広く使われている合成樹脂ですが、上手に使いこなすためには、合成樹脂材料の性質をよく理解することが重要です。その中でも応力とひずみの関係は、最も基本的かつ重要な性質の一つです。材料力学は基本的に材料が弾性変形することを前提にしていますが、合成樹脂材料の弾性変形範囲は非常に狭いので、設計を行う上では注意を要します。弾性変形以外の部分も含めて、材料の性質を分かりやすく示すために用いられるのが応力-ひずみ曲線です。英語で応力はStress、ひずみはStrainなので、頭文字を取ってS-S曲線とも呼ばれます。詳細は、解説記事:プラスチックの強度設計とは、曲げ弾性率・ヤング率を参照。

 

1. 樹脂とは 

石油を主原料として作られる合成樹脂は、天然樹脂と区別してプラスチックと呼ばれ広い分野で使用されており、エンジニアリングプラスチック、熱可塑性プラスチックなどが今日の日常生活においても多大な貢献をしています。プラスチックは室温から200℃程度の範囲で、粘弾性という弾性と粘性の両性質を示す複雑な振る舞いをします。特に熱可塑性樹脂は、この温度範囲で液体から固体へと容易に形態変化をします。このような特性から、複雑な3次元形状の成形品も射出成形法等で容易に作ることが出来ます。プラスチックは、現在世界中で最も多く使用されている樹脂材料です。 

プラスチックは我々の生活の中に浸透しており、使われていないモノを見つけることが困難なくらいです。進歩の早いスマートフォンなどの携帯製品にもプラスチックは使われています。「小型化」「薄型化」「軽量化」「省電力化」「機能・性能の高度化」および「低コスト化」などの要素が、今後の開発製品には強く要求されてきます。 

これら市場要求に応えるため、製品要件を整理し製品設計に当らねばなりません。製品設計に当たっては、決して「プラスチック材料」「金型」「成形加工」単体の断片的な偏った知識では太刀打ちできません。これらの基礎知識を持ち、全体のバランスを図ることが重要です。 

 

2. 樹脂の分類 

合成樹脂・プラスチックは、熱可塑性樹脂と熱硬化性樹脂に分けられます。 

熱硬化性樹脂は、熱硬化性を持つ合成樹脂の総称のことをいい、尿素樹脂、メラニン樹脂、フェノール樹脂、ユリア樹脂、エポキシ樹脂、ポリエステルなどがあります。熱硬化性樹脂の成形では、成形材料を金型に投入した後で、150℃以上で加熱します。材料はすぐに溶けてしまい、液状になりますが、その後は加熱による化学反応で固化させて、固体の製品になります。加工後は溶媒に溶けなくなり、再加熱しても樹脂が軟化することがありません。 

つまり、熱加工で二度と形状を変化させることができない素材の樹脂となっています。加熱することで、重合を起こして高分子の網目構造を形成し、硬化するのです。それぞれの種類ごとに素材としての特徴がありますが、金属とは別の素材として注目されており、メーカーが新しい素材として可能性を追求しています。 

熱硬化性樹脂の成形方法には、トランスファー成形、射出成形、注型成形、圧縮成形、積層成形などがあります。詳細は、解説記事:熱硬化性樹脂とは?を参照。

 

3. 樹脂とプラスチックの違い 

欧米では、合成ゴム、合成繊維、接着剤なども広く樹脂・プラスチックの仲間として取り扱われるのが一般的です。日本では、樹脂・プラスチックは熱可塑性樹脂と熱硬化性樹脂のことを言い、弾性材料である合成ゴム、接着剤などは樹脂・プラスチックとして扱わないことになっています。ゴムのような弾性材料をエラストマーといいますが、ゴムのような弾性をもつ樹脂・プラスチックもつくられるようになってきて、分類が複雑です。また、合成繊維や接着剤も樹脂材料として重要な役割を果たすようになっていきました。

 

4. 樹脂の不思議解明 

「樹脂」といえば、天然樹脂のことを指します。松やにやウルシなどの樹木からとれる脂のことを樹脂といいます。しかし有機化学が発達してからは天然樹脂に似た性質を持つ物質が石油や植物繊維などの原料から化学合成されるようになりました。 

そこで、天然樹脂と合成樹脂を区分けして、化学的に作られたものを「合成樹脂」と呼んで区別するようになりました。合成樹脂にも、ポリウレタン(PUR)・ポリエチレン (PE)・ポリプロピレン (PP)などとても多くの種類があります。 

そもそも「プラスチック」 (plastic) とは、本来「やわらかくて形を変えやすい物質」という意味の英単語とのことです。一般的には「合成樹脂」と同じ意味で使われることが多いわけですが、学術的には意味が変わってくるので注意が必要です。 

次に、金属とプラスチックの違いについてです。最初に電気絶縁性が挙げられます。ほとんどのプラスチックは、良好な絶縁体であり、使用環境や温度に拘らず、安定的にその特性を発揮しますので、様々な絶縁部品の製作が可能です。しかし、カーボンなどを充填したプラスチックであれば、逆に導電性の良い部品を造る事も出来ます。 

耐薬品性においても、一般的にプラスチックは、薬品に弱いと思われがちですが、特定のプラスチックは、優れた耐薬品性を誇ります。例えば、フッ素コーティングなどで有名なテフロンなどは、酸化して錆びる事もなく、酸・アルカリどちらの溶剤に対しても優れた安定性を保ちます。 

この様に錆が出ず、金属部品が非常に弱い腐食環境においてもプラスチックは劣化しにくいので、金属部品と比較してメンテナンスコストの削減というメリットがあります。 

金属とプラスチックの違いで決定的な違いとして、重量を挙げる事が出来ます。プラスチック全般の平均的な重さを1とすると、鉄や銅などはおよそ8~9倍、軽量なイメージのあるアルミでも約2倍の重さがあります。この比重の違いにより、既存の金属部品を、同形状のプラスチック部品に変更することが可能ならば、機器全体の軽量化、省エネルギー効果が見込めます。 

この様に、合成樹脂材料を使った製品において、製品の使われ方を見極めることが重要です。 

 

 

  残り80% 続きを読むには・・・


この記事の著者

嶋村 良太

商品企画・デザインとエンジニアリングの両方の視点を統合し、顧客満足度の高い商品開発を実現していきます。

商品企画・デザインとエンジニアリングの両方の視点を統合し、顧客満足度の高い商品開発を実現していきます。


「高分子・樹脂・有機化学」の他のキーワード解説記事

もっと見る
プラスチックの紫外線劣化のメカニズムと対策

1. プラスチックと紫外線  適切な対策を施していないプラスチックは紫外線で容易に劣化します。屋外のプラスチック製品が変色、脆化している様子を見たこ...

1. プラスチックと紫外線  適切な対策を施していないプラスチックは紫外線で容易に劣化します。屋外のプラスチック製品が変色、脆化している様子を見たこ...


単結晶と多結晶の違いとは?

  医薬品をはじめとして、新規な有機化合物の研究開発を進める際には、結晶多形現象に遭遇することが多いようです。また、物性改善のために塩、共...

  医薬品をはじめとして、新規な有機化合物の研究開発を進める際には、結晶多形現象に遭遇することが多いようです。また、物性改善のために塩、共...


フッ素樹脂塗料、選択のポイントとは (その2)フッ素樹脂塗料の選択

        前回のその1に続いて解説します。   4. フッ素樹脂塗料の選択  ...

        前回のその1に続いて解説します。   4. フッ素樹脂塗料の選択  ...


「高分子・樹脂・有機化学」の活用事例

もっと見る
2017 高機能プラスチック展レポート(その5)

◆2017年の高機能プラスチック展から  2017年4月、東京ビッグサイトで『高機能素材Week2017』がありましたが、この催物の一部として、高機...

◆2017年の高機能プラスチック展から  2017年4月、東京ビッグサイトで『高機能素材Week2017』がありましたが、この催物の一部として、高機...


2017 高機能プラスチック展レポート(その3)

◆2017年の高機能プラスチック展から    2017年4月、東京ビッグサイトで『高機能素材Week2017』がありましたが、この催物の一部として、高...

◆2017年の高機能プラスチック展から    2017年4月、東京ビッグサイトで『高機能素材Week2017』がありましたが、この催物の一部として、高...


2017 高機能プラスチック展レポート(その2)

◆ 2017年の高機能プラスチック展から  2017年4月、東京ビッグサイトで『高機能素材Week2017』がありましたが、この催物の一部として、高...

◆ 2017年の高機能プラスチック展から  2017年4月、東京ビッグサイトで『高機能素材Week2017』がありましたが、この催物の一部として、高...