革新のカベを超える技法“Switch”とは

 多くの企業が、「5Sをやればいいことは分っているがその暇がない」、「5Sをやっても成果が上がらない」、「小ロット短納期生産の中でコストを下げろと言われてもムリだ」、という‘カベ’に突き当たっていないでしょうか。筆者はこのものづくり革新ナビの事例紹介で、“「鈴木流5S」必ず成果の上がるノウハウ・ノウホワイ”と題し、どうやってこのような“カベ”を超えたか、そのコツについて紹介しましたが、今回は、それを理論付ける“Switch”という方法について簡単に解説したいと思います。

 “Switch”はChips & Dan Hearth兄弟によって2010年に発表された技法で、千葉敏生氏の訳になる本が早川書房から出版さています。まずは、扉の裏のうたい文句を紹介しましょう。

----------------------------------------------------------------------------------------

「変わる」ための いますぐ試したくなる テクニックが満載!

人間や組織がいつまでたっても変われないのってなぜだろうか?それは私たちのなかで「象(感情)と「象使い(理性)」が戦っているから。怠け者で気まぐれだけど、エネルギーのもとになる「象」。計画的なリーダーだけれど、頭でっかちで空回りすることもある「像使い」。両者が協力しあうためのちょっとした工夫を取り入れたら、驚くほど簡単に変化は起きる。平社員が会社全体に変革を巻き起こすことも可能だし、一人の若者が絶滅危惧種を救うことだってできるのだ。 10ヶ月以上にわたり、ニューヨーク・タイムズのべストセラー・リスト入りを果たしたハース兄弟の人気作。

----------------------------------------------------------------------------------------

 どこかの誰かが行動を変えなければ、何も変りません。あなたにも実行できる行動を変える“3つのステップ”について、以下に簡単に解説しましょう。

1.象使いに方向を教える・・・頭でっかちでない、実践的で効果的なアプローチを示す

  • ①ブライト・スポットを見つける ・・・身近にある“うまく行っている部分”を見つけて、まねすること
  • ②大事な一歩の台本を書く ・・・効果の出るところから始める
  • ③目的地を指し示す ・・・カイゼン後の絵を描く

 

2.象にやる気を与える ・・・やってみたいと思う感情を醸成する

  • ①感情を芽生えさせる ・・・現物を見える形で示し、感情に訴える
  • ②変化を細かくする ・・・行動のためらいが生じないよう最初の変化は小さくする

 

3.道筋を定める ・・・地ならしをする

  • ①環境を変える ・・・環境を変えて行動を起しやすくする
  • ②仲間を集める ・・・仲間と一緒なら行動しやすい

 

 当たり前のことともいえますが、これらのステップをちゃんと認識して取組むことが出来るかどうかが“カベを超える”ための秘訣ではないででしょうか。筆者が30年にわたって成果を上げてきた“実践的カイゼン”は、まさにこのステップを実践してきたものです。次回は、いくつかの事例を紹介致しますのでご期待下さい。


この記事の著者

鈴木 甫

ものづくり革新は‘頭と技法の使いよう…まずはご連絡下さい!

ものづくり革新は‘頭と技法の使いよう…まずはご連絡下さい!

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「全般」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「鈴木 甫」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。