QC工程表の作成と活用(その3)QC工程表の作成

 

1.QC工程図のフォーム

 QC工程表には、決められた一定の様式はありません。製品の種類、業種により自由に様式を決めてよいのですが、次の点が必ず必要な項目です。
 
(1)工程のステップ
(2)各工程の管理点(管理特性と品質特性)
(3)各工程の管理方法(規格、製造基準、設備、検査方法、作業者の条件、記録様式等)
 
 QC工程表の例は、下表をご覧下さい。
 
QC工程図
   
 

2.QC工程表の作成方法

 QC工程表は通常、製品の量産開始までに作り上げます。また、新製品の場合は“量産試作品”が生産されるのがふつうです“量産試作品”を生産する時に量産用のQC工程表を作成しておき、そこで決めたことを量産試作の際に確認し、不具合があれば修正します。次に、QC工程表作成のフローを示します。
 
               
QC工程図
 

3.QC工程表の具体的な記入手順

 記入の手順は、次のフローをご覧下さい。
 
       
QC工程図
 

セミナー「QC工程表・作業標準書の作成と作業者への指導法」

10:00 ~ 17:00 

【千代田区一番町】 新技術開発センター 研修室

43,000円

4.QC工程表の基本的な記入ポイント

 記入のポイントを具体的なQC工程表に示しましたので、次の表からそれぞれのポイントを確認して下さい。
 
QC工程図
 
QC工程図
 
 
QC工程図
 
 次回は、QC工程表の活用と事例です。
 

この記事の著者

門眞 博行

『和の国』Japanの知恵『Kaizen』でみちのくのモノづくりの復興を支援します。

『和の国』Japanの知恵『Kaizen』でみちのくのモノづくりの復興を支援します。

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「QC工程図(QC工程表)」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「門眞 博行」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。