エマルションの基礎から分散安定化、乳化剤フリーエマルションの可能性まで

界面活性剤、乳化・エマルションの基礎から、
エマルションの不安定化メカニズムと
分散安定化へのアプローチまで!
後半は講師が研究している注目技術、乳化剤を一切使用しない
“乳化剤フリーエマルション”の長期分散安定化の
可能性と課題についても解説!

セミナー講師

信州大学 工学部 物質化学科 教授 酒井 俊郎 先生

ご略歴
2002年 東京理科大学理工学研究科博士後期課程修了, 博士(工学)
2002 - 2003年 株式会社コンポン研究所(研究員)
2003 - 2006年 ニューヨーク州立大学バッファロー校(Research Associate)
2006 - 2007年 東京理科大学総合研究機構(プロジェクト研究員)
2007 - 2012年 信州大学ファイバーナノテク国際若手研究者育成拠点(助教)
2012 - 2019年 信州大学工学部物質工学科・物質化学科(准教授)
2019-現在 現職

ご受賞歴(代表的なもの):
2002年 オレオサイエンス誌 第1回オレオサイエンス賞
2005年 J. Oleo Sci.誌 第8回エディター賞
2008年 第42回日本油化学会進歩賞
2009年 J. Oleo Sci.誌 第12回エディター賞
2010年 色材協会賞(論文賞)
2016年 2015 JSCM Most Accessed Pater Award

■ご専門および得意な分野・研究:
コロイド・界面科学

セミナー受講料

1名47,300円(税込(消費税10%)、資料・昼食付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円
 *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。

セミナー趣旨

 “油”と“水”は不仲の代名詞とされるように相互に溶解せず(難溶で)、油と水は共存することはできません。しかし、“油と水を混ぜる”“乳化技術”“エマルション”は、食品、医薬品、化粧品、塗料・インク、ポリマー材料合成など多岐にわたり活用されています。つまり、“油と水を混ぜる”“乳化技術”“エマルション”は、我々の生活を支える基盤技術と言えます。
 本講座では、“乳化における乳化剤の役割”から“乳化剤(界面活性剤)使用しない乳化技術” “乳化剤フリーエマルション”について紹介します。

受講対象・レベル

本テーマに興味のある方なら、どなたでも受講可能です。

必要な予備知識

この分野に興味のある方なら、特に必要はありません。

習得できる知識

・界面活性剤の基礎
・O/Wエマルション, W/Oエマルション・乳化の基礎知識
・O/Wエマルション, W/Oエマルションの不安定化および安定化メカニズム
・乳化剤を使用しない乳化技術の実現性

セミナープログラム

  1. 界面活性剤の基礎
    1.  表面(界面)張力低下能
    2.  ミセル形成(自己組織化能)
    3.  クラフト点
    4.  曇点
    5.  可溶化
    6.  吸着能
    7.  乳化
    8.  起泡力
  2. 乳化とエマルション
    1.  油と水を混ぜること(油と水の共存)、乳化の意義
    2.  乳化方法および乳化剤の役割
    3.  エマルションの特性
    4.  エマルションの安定性と崩壊
          (凝集・合一、オストワルドライプニング、クリーミングなど)
    5.  乳化重合・懸濁重合
    6.  新しいタイプのエマルション
  3. 乳化剤を一切使用しない乳化技術“乳化剤フリー水中油滴型(O/W)、
        油中水滴型(W/O)エマルション”
    1.  乳化剤フリーO/W, W/Oエマルションの分散安定性
    2.  乳化剤フリーO/W, W/Oエマルション中の油滴はどのように成長するか?
    3.  乳化剤フリーO/W, W/Oエマルションの長期分散安定化は実現可能か?

      <質疑応答・個別質問・講師との名刺交換>