たった1日でマスターする実務者のための金型設計・加工技術の基礎

金型の基礎から実践的応用まで!!

プラ型,プレス型,各種金型の特徴と
加工・選択のポイントを学びます。


★ 実務・現場で必須の基礎知識を1日でマスターできます。


講師


武藤技術研究所 所長 武藤 一夫 氏 
自動車技術会フェロー
八戸工業大学 工学部 機械情報技術学科 准教授
豊橋技術科学大学 機械工学系 客員准教授

【講師紹介】
1955年 福島県に生れる
1980年 労働省所管 職業訓練大学 機械科卒業
1982年 山梨大学 工学部工学研究科大学院精密工学専攻修了
1993年 東京農工大学 工学部工学研究科大学院
 博士後期課程機械システム工学専攻修了
1982-2008年 独立法人雇用・能力開発機構 職業能力開発総合大学校 講師
2008-2012年 静岡理工科大学 准教授
2012.4-現在 武藤技術研究所所長

工学博士
岩手県,福島県,栃木県,茨城各県技術アドバイザー
厚生労働省 中央職業能力開発審議会専門調査会委員
経済産業省 FAオープン推進協議会オープンコントローラ専門委員会委員
経済産業省 FAオープン推進協議会XML実証委員会委員
自動車技術会 フェロー 製造技術部門委員会 委員長,生産加工部門委員会 委員
機械振興協会加工データファイル企画委員

【著書】
「これだけは知っておきたい金型設計・加工技術」(共著)
「高精度3次元金型技術-CAD/CAE/CAM/CAT入門-」
「実用CAD/CAM用語辞典」(以上,日刊工業新聞社)
「メカトロニクスとマイコンⅠ」
「最新プラスチック金型技術」(共著)(工業調査会)
「3次元自由曲面を創成するCAD/CAE/CAM/CATシステムの実践応用」
 (共著)(アイビーシー)


受講料


35,000円(消費税込)
(テキストおよび昼食を含みます。)


受講のおすすめ


 本セミナーは,1日でマスターする実務者のための金型設計・加工技術の基礎講座です。実務で必要な金型の基本事項なことから,もう一度,最初から勉強してみようという方,また,金型設計・製作方法のポイント・コツが知りたい実務・現場の方,営業の方をはじめ経営をしている方にも1日でマスターでき,実務や現場ですぐに使えて,しかも役立つ実践セミナーです。
 主に金型の基本,金型造りのCAD/CAMシステム,プラスチック型,プレス型などの基本的な金型設計技術と金型/加工技術,金型材料,熱処理,などについて学習します。


第1セッション 「金型の基本,金型業界の取り巻く環境への対応,プレス型の基礎」
 「金型の基本…金型の種類と分類」から解説し,金型業界を取り巻く環境とその対策,CAD・CAMシステムの必要性,今後あるべき金型企業のあり方について解説します。そして,プレス金型の基礎としてせん断加工,曲げ加工,その種類として順送金型についても解説します。

第2セッション 「プラスチック(射出成形)・その他の金型(鋳造・鍛造金型)の基礎」
 プラスチック金型として代表的な射出成形金型について解説します。射出成形の基本事項が理解でき,キャビ・コアの概念がよく分かるようになります。また,その他の金型として鋳造金型や鍛造金型の基礎についても最新の情報を取り混ぜながら解説します。

第3セッション 「金型加工法・金型用材料・金型材料の熱処理の基礎」
 金型製作の現場ですぐに使えて役に立つ金型加工法の基礎技術の学習では加工図面・仕上げ精度といった基礎事項から加工方法の種類,加工精度と加工工程の決め方,それぞれの工具・機械の使い方などについて解説します。また,金型用材料の基礎,その選択のポイントについて解説します。そして,金型材料の熱処理の基礎では焼入,焼鈍,焼戻をはじめとして,その種類や表面処理についても解説します。

たった1日で金型設計・製作の実務のための基礎が,みなさんに身につきます。

セミナープログラム


第1セッション 「金型とは,その取り巻く環境への対応,プレス型の基礎」
0.金型業界の取り巻く環境への対応…CAD/CAMの適用

1.金型とは…金型の種類と分類

2.プレス型の理論と種類
(1)プレス型の理論
  a.せん断加工 
  b.曲げ加工
(2)プレス型の種類
  a.抜き型 
  b.曲げ型 
  c.成形型 
  d.絞り型 
  e.順送り型 
  f.簡易型 
  g.汎用型
 ◎ 質疑応答

第2セッション 「プラスチック(射出成形)・鋳造・鍛造金型の基礎」
3.射出成形の理論とプラスチック型の種類
(1)射出成形とは
(2)射出成形用金型の基本構造
(3)プラスチック材料の種類と特性
(4)プラスチック型の種類
  a.圧縮成形用金型 
  b.トランスファ成形用金型 
  c.押し出し成形用金型 
  d.ブロー成形用金型 
  e.真空成形用金型

4.その他の金型
 4.1 鋳造型の種類と特徴
(1)金型鋳造法
(2)精密鋳造法
 4.2 ダイカスト型の種類と特徴
(1)ダイカスト鋳造法の原理と鋳造機
(2)ダイカスト型用金型の基本構造
 4.3 鍛造型の種類と特徴
(1)熱間鍛造金型
(2)冷間鍛造金型
(3)温間鍛造金型
 4.4 粉末冶金型の種類と特徴
 4.5 ガラス型の種類と特徴
 4.6 ゴム型の種類と特徴
 4.7 セラミック型の種類と特徴
 ◎ 質疑応答
 
第3セッション 「金型加工法・金型用材料・金型材料の熱処理の基礎」
5.金型製作工程のポイント

6.金型加工法そのポイント
(1)切削加工による金型製作
(2)金型加工用切削工具
(3)研削加工による金型製作
(4)研削砥石の選択基準
(5)金型の仕上げ加工の手順
  a.みがき作業 
  b.仕上げ加工例 
  c.自働化
(6)放電加工の加工原理
(7)形彫り放電加工の基礎知識と加工特徴
(8)形彫り放電加工の作業手順
(9)ワイヤ放電加工の概略
(10)ワイヤ放電加工に欠かせない基礎知識
(11)ワイヤ放電加工の加工特性と実際例

7.金型用材料の種類と選択のポイント
(1)金型に必要な性質と各種材料の特性
(2)目的にあった金型材料選択のポイント

8.金型材料の熱処理と表面処理
(1)熱処理の種類と特徴
(2)表面処理法の種類と特徴

 ◎ 質疑応答

エンジニアのための役立つ情報サイト
月刊ビッグライフ21 BigLife21 私たちは全国420万中小企業の代弁者です。