微生物燃料電池の基礎と応用展開および微生物電気分解・電気合成の最新動向

微生物発電の基礎に関する解説とともに
微生物燃料電池に関する研究開発を網羅し、
今後の課題などについても紹介します

バイオマス発電や廃水処理、水素生産など、様々な応用が期待される発電菌。
本セミナーでは、微生物発電のメカニズムから、微生物燃料電池の構造・応用展開、
さらに電気化学活性菌の利用による水素生産や有用物質生産に関してまでを
詳しく解説します

セミナー講師

東京薬科大学 教授 理学博士 渡邉 一哉 氏
専門:微生物学

セミナー受講料

44,000円( S&T会員受講料41,800円 )
(まだS&T会員未登録の方は、申込みフォームの通信欄に「会員登録情報希望」と記入してください。
詳しい情報を送付します。ご登録いただくと、今回から会員受講料が適用可能です。)
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料
2名で 44,000円 (2名ともS&T会員登録必須/1名あたり定価半額22,000円)

【1名分無料適用条件】
※2名様ともS&T会員登録が必須です。
※同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。
※3名様以上のお申込みの場合、1名あたり定価半額で追加受講できます。
※受講券、請求書は、代表者に郵送いたします。
※請求書および領収証は1名様ごとに発行可能です。
 (申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。)
※他の割引は併用できません。

セミナー趣旨

 微生物燃料電池は電気化学活性を持つ微生物を利用するバイオプロセスで、
廃棄物バイオマスのエネルギー利用技術として、また省エネ型廃水処理技術として
期待されています。微生物燃料電池の研究開発には、微生物学、電気化学、材料工学、
プロセス工学など、多様な学問領域の知識や技術が必要となります。
 本講座では、微生物発電の基礎に関する解説とともに微生物燃料電池に関する研究開発を網羅し、
今後の課題などについても紹介します。また最近、電気化学活性菌を水素生産に利用する
微生物電気分解や有用物質生産に利用する微生物電気合成など、新しい展開が始まりつつあります。
本講義では、これら新展開についても紹介します。

セミナープログラム

  1. 微生物発電のメカニズム
    1. 微生物燃料電池の基本構造
    2. 生物のエネルギー獲得メカニズム
    3. 発電菌
    4. 電気共生
    5. 電気合成菌

  2. 微生物燃料電池の構造
    1. 装置の形状
    2. 評価方法
    3. アノード
    4. カソード
    5. セパレーターなど

  3. 微生物燃料電池の応用
    1. 微生物燃料電池の応用分野
    2. バイオマス発電
    3. 廃水処理
    4. 小型電源
    5. 田んぼ発電

  4. 微生物電気分解
    1. 水素生産の原理
    2. 装置の構造
    3. 課題と研究動向

  5. 微生物電気合成
    1. 有用物質生産の原理
    2. 装置の構造
    3. 課題と研究動向

  6. まとめ