電力エネルギー業界におけるブロックチェーン利用の方向性と課題

(株)経営コンサルテクノセミナー~デジタル化が切り拓くこれからの新たな電力取引の事業機会~

【セミナープログラム】



株式会社 NTTデータ テレコムユーティリティ事業本部
ユーティリティ事業部ブロックチェーン推進チーム 課長代理


高坂 大介(こうさか だいすけ) 氏



電力業界におけるブロックチェーンの利活用検討が色々な拡がりをみせている。
2016年に発表されたBrooklyn MicrogridによるP2P(Peer to Peer)電力取引を皮切りとしてバリューチェーン上の色々な分野におけるブロックチェーンの利活用が進みはじめている、特に需要家間における電力の直接取引を行うP2P取引領域における検討が非常に活発だ。電力仲介者を通さず需要者間で直接取引するというアイデアは斬新でブロックチェーンの利用用途としても期待が持てる。
このP2P電力取引の実現性と事業機会を検討する。

上田 郁哉 氏 【13:30~15:00】
1.電力事業分野の外部環境変化とデジタル化
2.電力ビジネスにおけるブロックチェーンの利活用動向
  ~発電、送配電、小売領域におけるユースケース~
3.電力P2P取引の可能性と成立要件について
4.ブロックチェーンの基礎
5.ブロックチェーンのユースケース事例
6.電力×ブロックチェーンのシステムデザイン

高坂 大介 氏 【15:00~16:30】
7.ブロックチェーンの基礎
8.ブロックチェーンのユースケース事例 (電力業界に限らず)
9.電力×ブロックチェーンのシステムデザイン
10.講義全体を通しての質疑応答/名刺交換


【講師】


社会環境戦略コンサルティングユニット マネジャー 上田 郁哉(うえだ いくや) 氏 : 株式会社NTTデータ経営研究所

再生可能エネルギー機器メーカー等でシステム設計、マーケティング、商品企画を経て現職、電力システム関連ビジネスへの新規参入等のコンサルティングに取り組んでいる。


ユーティリティ事業部ブロックチェーン推進チーム 課長代理 高坂 大介(こうさか だいすけ) 氏 : 株式会社 NTTデータ テレコムユーティリティ事業本部

大手携帯キャリアの料金システムや電力会社スマートメーター管理システム等の大規模システム開発を経て現職。電力事業向けのブロックチェーン活用ユースケース研究、及び実証事業の企画・推進を行っている。


【受講料】


1名につき 32,400円(税込)
同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,000円(税込)


※経営コンサル主催につき、プレミアム会員様(招待券含)も通常の受講料が発生いたします。