モノづくり企業必須!『生産性が向上する時間効率術』

~ タスクの管理方法、スケジューリングの基礎、時間効率を上げる方法 ~

本講座では「明日から使えるヒント」をコンセプトに
実践的な業務の効率化から時間管理術まで
講義と演習、実際の仕事の進め方の点検を交え体系立てて解説します!!


講師


(株)コンパス 代表取締役 鈴木 進介 氏

【略歴】

 1974年生まれ、大阪出身。2000年25歳の時に有限会社エフティーシー(現コンパス)を設立。2005年に増資、組織・商号変更を行い、株式会社コンパスを設立。代表取締役に就任し、ベンチャー企業から東証一部上場企業まで数多くの企業のプロジェクトを支援。実務支援で得られた知見を人材教育事業へと展開。現在も自ら講師として20テーマ以上の研修ラインナップを持つ。また、近年はビジネスパーソンの知的生産性の向上を目的に「思考の整理家」という肩書で個人向けに講演活動や執筆活動も行い、現在までに累計受講者数は3万人以上、書籍は11冊・海外翻訳版4冊(韓国・台湾)をリリースし累計12万部超の実績を持つ。現在は、「生産性向上×人材教育」のドメインにて多方面で事業活動を行う。


受講料


■ R&D会員登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
・1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)です。


(まだR&D会員未登録の方は、申込みフォームの通信欄に「会員登録情報希望」と記入してください。詳しい情報を送付します。ご登録いただくと、今回から会員受講料が適用可能です。)


受講対象・レベル


部署、役職問わず幅広くご受講いただける内容です。
・主に時間効率を高めて付加価値が高い仕事へシフトしたい方
・雑務に振り回されずに仕事に集中したい方
・時短を推進したい方


必要な予備知識


特に予備知識は必要ありません。基礎から解説いたします


習得できる知識


・職場全体の生産性の高め方が理解できる
・雑務に振り回されない時間管理のヒントが得られる
・効率よく付加価値が高い仕事にシフトする方法が理解できる
・割り込み仕事や手戻り仕事の軽減方法が習得できる


趣旨


 昨今、「生産性の向上」が叫ばれますが、実態は掛け声倒れに終わり、現場や個人レベルでは、何から始めればよいのか分からないという声をよく耳にします。
 そこで、本講座では、「明日から使えるヒント」をコンセプトに実践的な業務の効率化から時間管理術まで講義と演習、実際の仕事の進め方の点検を交え体系立てて解説します。日頃、雑務に振り回されて肝心のタスクが進まない、時間が足りなくて思うように仕事がはかどらないという悩みを解消するためにも、これを機に「時間管理術」を体系的に学び、即実践できるようにリードいたします。


プログラム


1.生産性の基本
 1-1 やっぱり「生産性」が大事な理由とは?
  (1) 生産性が上がらないことのリスクを知っているか。
  (2) 時間の見える化と現状の点検
  (3) 時間配分の見直しをする効用
 1-2 時間をコストに置き換える
  (1) 時間とコストの関係
  (2) 自分のタスクをコスト換算する意味

2.時間管理のステップ
 2-1 タスクの管理の方法
  (1) アウトプット目的に立ち返る
  (2) タスクの細分化が時間効率を決める
  (3) 緊急度と重要度で優先順位をつける方法
 2-2 スケジューリングの基本
  (1) マイルストーンの設定
  (2) 期限よりも大切な着手日の明確化
  (3) 時間の効果的な見積もり方法
  (4) 先延ばしを防ぐスケジューリングの方法論
 2-3 スケジューリングのメンテナンス方法
  (1) 引き算式でスケジュールを立てること
  (2) ブロックすることで確実にタスクを処理する方法
  (3) スケジュールの定期点検作業

3.スケジュールを迅速に処理する方法
 3-1 引き算式仕事術
 3-2 仕事の完成度別 仕分けによる処理方法
 3-3 ベイビーステップで着手までを迅速化
 3-4 他人の力を借りてスピードアップする方法
 3-5 割り込み仕事と手戻り仕事の防ぎ方

4.時間管理の定期点検方法
 4-1 時間管理における問題解決とは?
 4-2 組織的な時間管理の問題を点検する
 4-3 仕組み化によって時間効率を上げる方法
 4-4 会議におけるムダをなくす技術
 4-5総合点検ワーク
 
 【質疑応答・名刺交換】

 キーワード 時間,管理,効率,生産性,スケジュール,方法,問題,解決,セミナー,講演,講義,研修


エンジニアのための役立つ情報サイト
月刊ビッグライフ21 BigLife21 私たちは全国420万中小企業の代弁者です。