乳化剤の効果的な使用方法と乳化剤を使用しない乳化技術の実現

乳化剤を使用せず乳化を実現する技術を詳細に解説!

 

セミナー講師

信州大学 工学部 物質工学科 准教授 博士(工学) 酒井 俊郎 氏
専門
コロイド・界面科学
略歴
2002 , 東京理科大学理工学研究科博士後期課程修了, 博士(工学)
2002 - 2003 , 株式会社コンポン研究所(研究員)
2003 - 2006 , ニューヨーク州立大学バッファロー校(Research Associate)
2006 - 2007 , 東京理科大学総合研究機構(プロジェクト研究員)
2007 -2012 , 信州大学ファイバーナノテク国際若手研究者育成拠点(助教)
2012 - todate,信州大学工学部物質工学科(准教授) 現職
受賞
2002 , オレオサイエンス誌 第1回オレオサイエンス賞
2005 , J. Oleo Sci.誌 第8回エディター賞
2008 , 第42回日本油化学会進歩賞
2009 , J. Oleo Sci.誌 第12回エディター賞
2010 , 色材協会賞(論文賞)
学会
日本化学会コロイドおよび界面化学部会・事業企画委員
日本油化学会界面科学部会・幹事
信州コロイド&界面科学研究会・代表

セミナー受講料

55,000円(税込、昼食・資料付)
■ セミナー主催者からの会員登録をしていただいた場合、1名で申込の場合49,500円、
  2名同時申込の場合計55,000円(2人目無料:1名あたり27,500円)で受講できます。
  備考欄に「会員登録希望」と希望の案内方法【メールまたは郵送】を記入ください。
(セミナーのお申し込みと同時に会員登録をさせていただきますので、
   今回の受講料から会員価格を適用いたします。)
※ 2019年10月1日以降に開催されるセミナーの受講料は、お申込みいただく時期に関わらず
  消費税が10%になります。
※ 会員登録とは
  ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
  すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切掛かりません。

セミナー趣旨

 「“油”と“水”を混ぜたいとき、乳化したいとき、あなたなら、どうしますか?」
きっと “乳化剤(界面活性剤)”を使うことが、すぐに頭に浮かぶのではないでしょうか?
「他に方法はありませんか?」また、「“乳化剤(界面活性剤)”を“使用せず”に乳化したいと
思いませんか?」本講座では、“乳化における乳化剤の役割”や“乳化剤(界面活性剤)を
使用しない乳化技術” “乳化剤フリーエマルション”について紹介します。

受講対象・レベル

・乳化剤(界面活性剤)の基礎知識
・水中油滴型(O/W)エマルション, 油中水滴型(W/O)エマルション・乳化の基礎知識
・水中油滴型(O/W)エマルション, 油中水滴型(W/O)エマルションの
 不安定化および安定化メカニズム
・乳化剤(界面活性剤)を使用しない乳化技術(乳化剤フリーエマルション)の可能性

セミナープログラム

  1. 界面活性剤の基礎
    1.  表面(界面)張力低下能
    2.  ミセル形成(自己組織化能)
    3.  クラフト点
    4.  曇点
    5.  可溶化
    6.  吸着能
    7.  乳化
    8.  起泡力
  2. 乳化とエマルション
    1.  油と水を混ぜること(油と水の共存)、乳化の意義
    2.  乳化方法および乳化剤の役割
    3.  エマルションンの特性
    4.  エマルションの安定性と崩壊(凝集・合一、オストワルドライプニング、クリーミングなど)
    5.  乳化重合・懸濁重合
    6.  新しいタイプのエマルション
  3. 乳化剤を一切使用しない乳化技術“乳化剤フリー水中油滴型(O/W)エマルション”
    1.  乳化剤フリーO/Wエマルションの分散安定性
    2.  乳化剤フリーO/Wエマルション中の油滴はどのように成長するか?
    3.  乳化剤フリーO/Wエマルションの長期分散安定化は実現可能か?
  4. 乳化剤を一切使用しないエマルション“乳化剤フリー油中水滴型(W/O)エマルション”
    1.  乳化剤フリーW/Oエマルションの分散安定性
    2.  乳化剤フリーW/Oエマルションの長期分散安定化は実現可能か?