プログラム使用方法も解説! 

セミナー修了後、受講者のみご覧いただける期間限定のアーカイブ配信を予定しております。

セミナー趣旨

 ビッグ・データ、AI時代の本格的到来により、データを数量的思考で扱い課題解決するための「データサイエンス」が重要になってきました。アカデミアではマテリアルインフォマティクスが研究されたりしていますが、このような手法は大型コンピューターが使用されていた時代から多変量解析を中心に活用されてきました。
 今データサイエンスの手法が改めて取り上げられた背景には、トランスサイエンスが注目され、科学で解決できない問題についてビッグデータから未知の科学シーズを見出したいという期待がある。技術開発の実務では、科学で解決できない二律背反問題について新QC7つ道具やタグチメソッドなどを使い解決してきた。本セミナーでは、データサイエンスで用いられる多変量解析以外にタグチメソッドの事例も扱い、問題解決手法としてデータサイエンスを導入する時の勘所について、概念的説明ではなく事例を中心に解説する。
 DXのうねりの中で機械学習が注目されているが、AIをブラックボックスとして使用する無責任な技術開発を行わないために人間の頭脳による新しい問題解決プロセスの理解が必要である。その重要性を説明するためにAIとデータサイエンスについて1章設けている。ゆえにAIの知識が無くても、データサイエンスを活用した問題解決手法を導入する意義を学べる。
 なお、本セミナーで使用する多変量解析やワイブル統計解析については、講師のホームページで公開しているので、このプログラム使用方法も解説する。ゆえに、難解な数学を理解できなくてもセミナー終了後にこのプログラムを使用し、セミナーで得られた情報をすぐに確認して知識として身に着けることができる。

受講対象・レベル

1.高卒以上の中堅技術者
2.材料技術を初めて担当する新入社員技術者研究者
3.データサイエンスと機械学習に関心のある技術者
4.研究開発の管理者、実務担当者

習得できる知識

1.統計基礎知識
2.重回帰分析及び主成分分析の実務への適用の仕方
3.タグチメソッドについて概略知識
4.データサイエンスと機械学習の入門知識

セミナープログラム

1.データ指向の思考方法
  1-1 科学と技術について
   A.トランスサイエンス
   B.非科学的問題解決事例:iPS細胞とヤマナカファクター
   C.非科学的問題解決事例:iPS細胞とヤマナカファクター
  1-2 シミュレーション
   A.パーコレーション転移シミュレーション    
   B.二律背反問題の解決事例
  1-3 マテリアルインフォマティクス
  1-4 事例:データ駆動による環境対応樹脂開発
2.AIとデータサイエンス
  2-1 データサイエンスとは    
  2-2 機械学習の概要    
  2-3 機械学習の分類    
  2-4 機械学習の流れ    
  2-5 データサイエンスと機械学習
3.統計手法について
  3-1 統計手法の復習
  3-2 例題:ワイブル統計による故障寿命予測
  3-3 新QC7つ道具
  3-4 ラテン方格を用いた実験
  3-5 事例:高純度SiC開発
4.多変量解析
  4-1 多変量解析概論
  4-2 事例:重回帰分析による故障寿命予測
  4-3 事例:重回帰分析を用いた難燃化技術開発
  4-4 事例:主成分分析を用いた電気粘性流体の耐久性改善
  4-5 事例:主成分分析による顧客ブラックボックスの見える化
5.タグチメソッド(TM)概略
  5-1 基本機能とは
  5-2 SN比と感度
  5-3 事例:難燃性PC/ABS開発
6.まとめ


データ科学,統計,IT,経営,収集,オンライン,WEBセミナー

セミナー講師

(株)ケンシュー 代表取締役 工学博士 倉地 育夫 氏

セミナー受講料

55,000円(税込、資料付)
■ セミナー主催者からの会員登録をしていただいた場合、1名で申込の場合49,500円、
  2名同時申込の場合計55,000円(2人目無料:1名あたり27,500円)で受講できます。
(セミナーのお申し込みと同時に会員登録をさせていただきますので、
   今回の受講料から会員価格を適用いたします。)
※ 会員登録とは
  ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
  すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。
  メールまたは郵送でのご案内となります。
  郵送での案内をご希望の方は、備考欄に【郵送案内希望】とご記入ください。

受講について

Zoomを使ったWEB配信セミナー受講の手順

  1. Zoomを使用されたことがない方は、こちらからミーティング用Zoomクライアントをダウンロードしてください。ダウンロードできない方はブラウザ版でも受講可能です。
  2. セミナー前日までに必ず動作確認をお願いします。
  3. 開催日直前にWEBセミナーへの招待メールをお送りいたします。当日のセミナー開始10分前までに招待メールに記載されている視聴用URLよりWEB配信セミナーにご参加ください。
  • セミナー資料は開催前日までにお送りいたします。
    ご自宅への送付を希望の方はコメント欄にご住所などをご記入ください。
    開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますことご了承下さい。
  • 無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。

関連記事

もっと見る