S&OPの概要や従来のSCMとの違い、
S&OPを実現するために必要な実践的仕組みについて学ぶ

【締切日】2022年11月3日(木) 定員18名

セミナー趣旨

<目的と概要>
国内におけるSCM導入の動きから20年近くが経過した今、企業各社が現在抱える新たな課題を示しながら、SCMにおける次の施策ともいうべき、経営側からの事業計画と業務側からの実行計画を連動させるS&OPの概要や従来のSCMとの違い、さらにS&OPを実現するために必要な実践的な仕組みについて学びます。

①企業の抱える新たな課題を理解します。
②S&OPとは何か、従来の方法との違いを理解します。
③S&OPを実現させるために必要な、実践的な仕組みを学びます。

受講対象・レベル

SCM業務及び考え方に関する基本的な知識を有している方。

<製造業>
  • 製造部門、営業部門、マーケティング部門、資材部門、及び情報システム部門の関係者
  • 製造業の業務全般(生産管理、工程管理、購買管理等)を浅くでもよいので理解されている方。
<IT企業>
  • 上記業務を支援している方(コンサルタント・SE・営業など)

目安として、入社5年目以降の方

セミナープログラム

日程 講義内容 タイムスケジュール
1日目 オープニング(自己紹介、アイスブレーク) 09:30~10:00
1.はじめに 10:00~12:00
(途中休憩10分×2回)
2.企業活動におけるSCMの現状と課題
3.S&OPとは
昼休 12:00~13:00
4.S&OPによる施策 13:00~17:00
(途中休憩10分×3回)
5.S&OPプロセス
6.S&OP実現の仕組み
7.S&OP成熟度
8.S&OP事例
9.演習
10.まとめ
クロージング(Q&A、アンケートなど) 17:00~17:30
  1. はじめに
    1. 業務プロセスについて
    2. SCMについて
    3. 計画プロセスについて
  2. 企業活動におけるSCMの現状と課題
    1. 日本企業におけるSCMの現状
    2. 日本企業におけるSCMの課題
    3. 課題解決の方向性とは
  3. S&OPとは
    1. S&OPのはじまり
    2. S&OPの変遷
    3. S&OPの位置づけ
  4. S&OPによる施策
    1. 企業におけるPDCA
    2. S&OPの目的
    3. S&OPの評価指標
  5. S&OPプロセス
    1. S&OP全体プロセス
    2. S&OPサブプロセス
    3. S&OPの組織
  6. S&OP実現の仕組み
    1. One Plan の考え方
    2. S&OPのDB構造例
    3. シナリオ マネジメント
    4. ナレッジ蓄積
    5. S&OPにおける金額と数量の一元管理
    6. S&OPにおける自動按分
    7. S&OPにおけるメッシュ変換
  7. S&OP成熟度
    1. S&OPのレベル
    2. SCMの成熟度
    3. 成熟度毎のS&OP
  8. S&OP事例
    1. PCメーカーの事例
  9. 演習(S&OP初期アセスメント)
  10. まとめ

受講者の声

  • SCMを実施している各社のアセスメントを実習することが出来、興味深かった。現場レベルでの課題は、どの顧客にも当てはまると思える。
  • S&OPの概要は理解できましたが、担当顧客やこれまでの顧客は、データの蓄積からというのが多かったので、S&OPは目標なのかな、という印象でした。但し、AI等を活用して自動化、という部分は興味深く研修を受けれました。
  • 知らないことが聞けて有意義だった。SCM/S&OPの考え方が、ネットで調べるより、よく分かり有意義だった。ただ、自分のレベルの問題もあり、どう活用していくかがあまり身に付かなかった(個人的にもう少し勉強しとくべきかも)最後の演習は、他のプロジェクトの内容が知れて良かった。
  • あまりコンサルとしての経験が少ないため、実際に自分がヒアリングや経験と結びつけることは難しかったが、製造業において必須の考え方であることは理解できました。また他の先輩方の事例を聞くことも勉強になりました。
  • 他社事例の説明が多く、有意義であった。テキストの説明だけでなく、口頭での説明が分かりやすかった。

セミナー講師

貝原 雅美 (かいばら まさみ)氏
ワクコンサルティング(株) エグゼクティブ コンサルタント、KAIコンサルティング代表

セミナー受講料

60,500円(税込)※研修終了後、請求書送付いたします。


関連記事

もっと見る