リチウム電池の全固体化と固体電解質材料開発の最近の動向

全固体電池実用化に向けた固体電解質の基礎と新規固体電解質開発の現状

■ 固体電解質開発の最近の研究動向
■ 現在知られている固体電解質の材料系毎の特色
■ 全固体電池における高容量負極の充放電特性
■ ゲストLi+が主な伝導種となる新規固体電解質材料


★ 現行のリチウムイオン電池との比較、全固体電池のメリットや製造プロセスの整理、電極界面制御技術 
★ 酸化物・硫化物、水素化物系等の各固体電解質材料の特長とイオン伝導機構、、、
★ 固体電解質開発にむけた新たな切り口、突破口を探る


セミナー講師


名古屋工業大学 大学院工学研究科 物理工学専攻 助教 博士(工学) 宮崎 怜雄奈 氏

【略歴】
2013年3月 東北大学大学院工学研究科知能デバイス材料学専攻博士後期課程修了
2013年4月~2015年3月 独立行政法人 物質・材料研究機構 ポスドク研究員
2015年4月~現在 名古屋工業大学工学研究科物理工学専攻 助教

【所属学会】
日本固体イオニクス学会(2016年7月~現在)
日本金属学会(2008年5月~現在)
電気化学会(2016年4月~現在)


受講料


48,600円 ( S&T会員受講料 46,170円 )
(まだS&T会員未登録の方は、申込みフォームの通信欄に「会員登録情報希望」と記入してください。詳しい情報を送付します。ご登録いただくと、今回から会員受講料が適用可能です。)


S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料
2名で48,600円 (2名ともS&T会員登録必須​/1名あたり定価半額24,300円)

【1名分無料適用条件】
※2名様ともS&T会員登録が必須です。
※同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。
※3名様以上のお申込みの場合、1名あたり定価半額で追加受講できます。
※受講券、請求書は、代表者に郵送いたします。
※請求書および領収証は1名様ごとに発行可能です。
 (申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。)
※他の割引は併用できません。


得られる知識


・リチウム電池に関する基礎知識
・固体電解質開発の最近の研究動向
・現在知られている固体電解質の材料系毎の特色
・全固体電池における高容量負極の充放電特性について
・ゲストLi+が主な伝導種となる新規固体電解質材料

【キーワード】
 リチウム電池、全固体電池、固体電解質、高容量負極材料、ゲストLi+伝導体


対象


・全固体電池の研究開発を始めたばかりの方から、ある程度の経験を経た方
・全固体電池材料の最近の動向を把握したい方
・全固体電池の材料開発を新たに始めようとお考えで、取り掛かりの情報収集をしたい方
・会社独自の合成技術・材料をお持ちで、電池への応用をお考えの企業の方
・本テーマにご興味のある方でしたら、どなたでも受講可能です


セミナー趣旨


 各国の自動車業界では、ガソリン車から電気自動車へのシフトが急速に進められています。電気自動車ではエンジンに代わり、電池特性が自動車の性能や市場価格に直結します。例えば電池のエネルギー密度は自動車の航続距離を左右し、加速性能は高出力特性がカギとなります。他にも安全性を含め、優れた特性の蓄電池の開発が急務となっています。最も有望な蓄電池のひとつが全固体リチウム電池です。全固体電池では、高い安全性・信頼性だけでなく、固体電解質を用いることで初めて発現する、従来の電池では得られなかった様々な特性が期待されます。
 本講演では、現在知られている固体電解質材料をいくつかご紹介いたします。更に、全固体電池における高容量電極材料の充放電挙動や、少量ドープされた”ゲストLi+”が主な伝導種となる新規な固体電解質材料など、私が現在取り組んでいる研究内容についても簡単にご紹介いたします。


セミナー講演内容


1.はじめに ~なぜ全固体電池なのか?~
 1.1 現行のリチウムイオン電池の特長と課題
 1.2 全固体リチウム電池と現行のリチウム電池との違い・開発における注意点 
 1.3 全固体電池の構造・製造プロセス
 1.4 電池の全固体化によるメリット
 1.5 全固体電池における、電極界面制御
 1.6 最近の研究動向、産業界の動向も併せて

2.主なセラミックス固体電解質 ~各材料系の特長とイオン伝導機構~
 2.1 ハロゲン化物系 
  ~世界で始めて実用化された固体電解質~
 2.2 酸化物系
  ~究極の全固体電池の構築~
 2.3 硫化物系
  ~現状最も高いLi+イオン伝導体~
 2.4 水素化物系
  ~最近発見された新たな材料系~

3.全固体電池への高容量負極材料の応用
 3.1 現在知られる高容量負極材料
 3.2 体積変化抑制に向けた負極材料開発
 3.3 全固体電池におけるSiおよびSiOx薄膜の充放電挙動
 3.4 全固体電池におけるSn粉末負極の充放電特性

4.Liフリー化合物をベースした、新規固体電解質開発の現状
 4.1 KI、NaIをベースとした固体電解質開発
 4.2 アルカリハライド中のLi+伝導機構
 4.3 ゲストLi+伝導体を用いた全固体電池の試作状況
 4.4 更なる伝導度向上に向けて

 □ 質疑応答 □