メタマテリアルの基礎原理と最新研究事例・今後の可能性<Zoomによるオンラインセミナー>

メタマテリアルとは何か?
基礎知識と電磁波制御の例を解説!

メタマテリアルを電磁波制御における問題解決のツールとして扱う考え方を紹介します

セミナー講師

長岡技術科学大学 電気電子情報工学専攻 准教授 玉山 泰宏 先生

■略歴:
2011年3月 京都大学大学院工学研究科電子工学専攻博士後期課程修了 [博士(工学)]
2010年4月~2012年3月 日本学術振興会特別研究員
2012年4月~2013年3月 京都大学大学院工学研究科特定研究員
2013年4月~2016年10月 長岡技術科学大学電気電子情報工学専攻助教
2016年11月~ 長岡技術科学大学電気電子情報工学専攻准教授
■専門および得意な分野・研究:
電磁光学、メタマテリアル
■本テーマ関連学協会での活動:
日本物理学会, 応用物理学会所属

セミナー受講料

1名41,800円(税込(消費税10%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,800円
 *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。

受講について

※本講座は、お手許のPCやタブレット等で受講できるオンラインセミナーです。

配布資料・講師への質問等について

  • 配布資料は、印刷物を郵送もしくはメール送付のどちらかを検討中です。
    お申込については4営業日前までのお申込みを推奨します。
    それ以降でもお申込みはお受けしておりますが(開催1営業日前の12:00まで)、
    テキストが郵送となった場合、資料の到着がセミナー後になる可能性がございます。
  • 当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
    (全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)
  • 本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり、
    無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。

記ご確認の上、お申込み下さい

  • PCもしくはタブレット・スマートフォンとネットワーク環境をご準備下さい。
  • ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております(20Mbbs以上の回線をご用意下さい)。
    各ご利用ツール別の動作確認の上、お申し込み下さい。
  • 開催が近くなりましたら、当日の流れ及び視聴用のURL等をメールにてご連絡致します。

Zoomを使用したオンラインセミナーとなります

  • ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております。
    お手数ですが下記公式サイトからZoomが問題なく使えるかどうか、ご確認下さい。
    確認はこちら
    ※Skype/Teams/LINEなど別のミーティングアプリが起動していると、Zoomでカメラ・マイクが使えない事があります。お手数ですがこれらのツールはいったん閉じてお試し下さい。
  • Zoomアプリのインストール、Zoomへのサインアップをせずブラウザからの参加も可能です。
    ※一部のブラウザは音声(音声参加ができない)が聞こえない場合があります。
     必ずテストサイトからチェック下さい。
     対応ブラウザーについて(公式) ;
     「コンピューターのオーディオに参加」に対応してないものは音声が聞こえません。

セミナー趣旨

2000年頃以降にメタマテリアルに関する研究が盛んに行われるようになり、様々な新しい電磁波制御が実現されてきていますが、メタマテリアルを製品に応用した例というのは未だ少ないように思えます。その要因として、メタマテリアルについて学び始めようと思っても適切な素材がない、メタマテリアルで何ができるのか結局よくわからない等があると思います。本セミナーでは、メタマテリアルとは何なのかを理解するところから始め、いくつかの電磁波制御の例を解説することにより、メタマテリアルを電磁波制御における問題解決のツールとして扱う考え方をお伝えできればと思います。

受講対象・レベル

  • メタマテリアルに関する研究開発を始める予定の方
  • メタマテリアルに興味がある方
  • 電波、マイクロ波、テラヘルツ波、光などの電磁波制御に関する研究開発に関わっている方でメタマテリアルが役立つかをどうか検討したい方

など

必要な予備知識

  • この分野に興味のある方なら、特に予備知識は必要ない。

習得できる知識

  • メタマテリアル(メタサーフェス)の基礎知識
  • メタマテリアルの設計、作製法
  • メタマテリアルで実現できることのいくつかの例に関する原理
  • メタマテリアルを応用するうえでの考え方

など

セミナープログラム

  1. メタマテリアルの基礎
    1. 電磁波制御の考え方
    2. 誘電率の意味
    3. 透磁率の意味
    4. 「普通の」物質とメタマテリアル
    5. 誘電率、透磁率を制御するメタマテリアルの構造
    6. 旋光性メタマテリアル
  2. 誘電率と透磁率の自在な制御によりできることの例
    1. 負の屈折率
    2. 完全レンズ
    3. 透明マント
    4. ハイパボリックメタマテリアルとハイパーレンズ
  3. メタマテリアルとメタサーフェス
    1. メタマテリアルの作り方
    2. メタサーフェス
    3. メタサーフェスによる電磁波制御の例
    4. メタサーフェスでできることの制約
    5. ホイヘンスメタサーフェス
  4. メタマテリアル(メタサーフェス)の電磁応答の可変制御, 動的制御
    1. 電圧による制御
    2. 光による制御
    3. 温度による制御
    4. 力による制御
    5. センサーとしてのメタマテリアル
  5. メタマテリアル(メタサーフェス)を用いた物質と電磁波の相互作用の増強
    1. メタマテリアルによる電磁場の圧縮と非線形光学現象の増強
    2. メタマテリアルによる発光増強
  6. メタマテリアル(メタサーフェス)の設計
    1. 解析的手法
    2. 電磁場シミュレーションを用いる方法
  7. メタマテリアル(メタサーフェス)の応用に向けた今後の展開

キーワード:メタマテリアル, メタサーフェス, 電磁波, 共振的応答, 動的制御, 電磁場シミュレーション