※いずれも質問投稿には会員登録が必要です
個人情報(個人名やメールアドレスなど)が公開されることはありません。


QUESTION 質問No.401

全数検査について

市場品質 品質マネジメント | 投稿日時:
私は自動車部品の量産工場で管理職として現場を任されています。
月産、約200,000本のステアリング部品の生産をしており某メーカーに出荷しています。
半年ほど前に、客先のメーカーの方から私の部署で生産した製品のネジがきつくて相手部品が組み付かないとクレームがありました。暫定的に流出を防ぐため客先から全数検査の指示がありました。
対象製品を急いで隔離、選別をして対応しました。後日工程内での発生原因の追求をして発生原因の解決が出来ました。
発生原因、流出原因、水平展開をして客先に報告したのですが客先からは全数検査の解除が出ずに未だに完成した製品を全数検査しています。
質問は全数検査の解除の要求をするのにどういった内容の報告をすれば客先は納得してくれますか?


ANSWER
回答No1 | 投稿日時:

ここは、客先の立場で考えることが重要です。客先は今回のトラブルによって多大な損害を被っています。
生産側が、発生原因、流出原因、水平展開することは当然なすべきことですが、客先が、これなら十分に対応ができていると、腑に落ちるところまでの丁寧な説得力のある説明が出来ているでしょうか?
「ちゃんとやってといるのに文句があるか」的な対応になっていないでしょうか?
私も開発の立場でたくさんトラブルを生み出し、対策をして次工程に提案しても、不十分と突き返されることが度々でした。こちらとしてはやったつもりでも、受け取る側は不十分の判断。
今回のトラブルは、これまで以上に信頼を高めるチャンスです。何故この様なことが起きたのか?客先の立場に立って、更に掘り下げて考えることで突破口が見いだせると思います。




ANSWER
回答No2 | 投稿日時:

自動車部品については、出荷品の不良「0」が求められていますね。
現状で、全数検査しても、受入側での不良が「0」にならないのでしょうか?
社内の出荷時全数検査で発見できず、受入側で発見した場合は、現地で全数再検査をさせられてたという実例もあります。
工程内検査で不良を発見する対策を打って、出荷検査での不良「0」の状態が続くという実績を示すか、全数検査を続けるかの選択で、サンプリング検査に戻すことは、不可でしょう。

石川 昌平




ANSWER
回答No3 | 投稿日時:

発生原因、流出原因、水平展開をして客先に報告されたとのことですが、直接対策だけで再発防止対策がなされていないことが気になります。発生原因には、人に関するもの、組織・仕組み・風土等に関するものがありますので、それぞれに対して原因を追及して再発防止を図ることが重要です。そうしないと、今回の不具合は防止できますが、類似の不良が出てくるのではないかとの不安が残ります。特に人に関することは、心まで遡ることが必要です。




< 1 2