アウトソースから内製化へ:物流環境変化への対応(その2)

投稿日

SCM

 

◆物流の内製化

物流をアウトソースしている立場でもいくつか検討していかなければならないことがあります。最低限言えることは輸送力を確保することです。これが途絶えてしまったならばビジネスは成立しないからです。そのために最初に準備すべきことは中期的な物量を予測することです。

 

自社の販売計画に基づき、向こう3年間の方面別物量をはじきます。この物量予測が無ければ何も始まりませんので、優先的に取り組みましょう。それができたところで将来的な輸送戦略を立案します。今問題になっているのはトラックドライバーの不足ですから、鉄道や内航海運の活用も当然視野に入れます。リードタイムとトレードオフにはなりますが、その着地点を見出して検討すべきだと思います。

 

もう一つ固定観念を外して検討すべきことがあります。それはアウトソースの内製化です。このところずっと物流は物流専業者に任せるという流れになってきています。メーカーが保有していた物流子会社も物流専業者に売却されてきました。しかしここで潮目が変わりつつあります。

 

今だからこそ「自分で運ぶ」時代が来ているのだとも考えられます。自分で運ぶには2つのパターンがあります。

 

1つは物流子会社を使ってそこに自社物流全般を担ってもらうことです。もう1つは完璧に自社の社員で運ぶことです。物流に危機感を持っている会社ほどこの内製化の傾向が強いように感じます。物流が増えたからとか人材を確保できないからという理由の下、運べなくなってしまうアウトソース先では不安で仕方ありません。それよりも自社できちんとマネジメントできる体制づくりの方が安定感はあります。もちろんコスト面や人材確保上の課題はあります。

 

しかしそれは解決できない話ではありません。すべての選択肢をテーブルの上に載せて検討していくべきだと思います。さらに輸送能力を確保するために実施しなければならないことがあり...

SCM

 

◆物流の内製化

物流をアウトソースしている立場でもいくつか検討していかなければならないことがあります。最低限言えることは輸送力を確保することです。これが途絶えてしまったならばビジネスは成立しないからです。そのために最初に準備すべきことは中期的な物量を予測することです。

 

自社の販売計画に基づき、向こう3年間の方面別物量をはじきます。この物量予測が無ければ何も始まりませんので、優先的に取り組みましょう。それができたところで将来的な輸送戦略を立案します。今問題になっているのはトラックドライバーの不足ですから、鉄道や内航海運の活用も当然視野に入れます。リードタイムとトレードオフにはなりますが、その着地点を見出して検討すべきだと思います。

 

もう一つ固定観念を外して検討すべきことがあります。それはアウトソースの内製化です。このところずっと物流は物流専業者に任せるという流れになってきています。メーカーが保有していた物流子会社も物流専業者に売却されてきました。しかしここで潮目が変わりつつあります。

 

今だからこそ「自分で運ぶ」時代が来ているのだとも考えられます。自分で運ぶには2つのパターンがあります。

 

1つは物流子会社を使ってそこに自社物流全般を担ってもらうことです。もう1つは完璧に自社の社員で運ぶことです。物流に危機感を持っている会社ほどこの内製化の傾向が強いように感じます。物流が増えたからとか人材を確保できないからという理由の下、運べなくなってしまうアウトソース先では不安で仕方ありません。それよりも自社できちんとマネジメントできる体制づくりの方が安定感はあります。もちろんコスト面や人材確保上の課題はあります。

 

しかしそれは解決できない話ではありません。すべての選択肢をテーブルの上に載せて検討していくべきだと思います。さらに輸送能力を確保するために実施しなければならないことがあります。その1つ目がトラック積載率の向上です。この永遠の課題ですが、なかなか進まない背景に企業間の壁がありそうです。トラックは共同で活用することでその能力が生かされるのですがそこまで踏み切れない実態にあります。

 

次回に続きます。

◆【特集】 連載記事紹介連載記事のタイトルをまとめて紹介、各タイトルから詳細解説に直リンク!!

 

   続きを読むには・・・


この記事の著者

仙石 惠一

物流改革請負人の仙石惠一です。日本屈指の自動車サプライチェーン構築に長年に亘って携わって参りました。サプライチェーン効率化、物流管理技術導入、生産・物流人材育成ならばお任せ下さい!

物流改革請負人の仙石惠一です。日本屈指の自動車サプライチェーン構築に長年に亘って携わって参りました。サプライチェーン効率化、物流管理技術導入、生産・物流人...


関連する他の活用事例

もっと見る
今後の配送のあり方:ラストワンマイルの行方(その3)

  ◆ 今後の配送のあり方  今後の配送のあり方は、前回ご紹介したアメリカの方式は大いに参考になるところです。日本では規制もありますので...

  ◆ 今後の配送のあり方  今後の配送のあり方は、前回ご紹介したアメリカの方式は大いに参考になるところです。日本では規制もありますので...


物流でのS&OPステップとは S&OPと物流(その3)

◆ 顧客の情報を活用しよう  荷主である顧客から、荷動きの予測情報をもらうことは今後の仕事の段取りを考えていくために大切なことです。今の経営が、日々...

◆ 顧客の情報を活用しよう  荷主である顧客から、荷動きの予測情報をもらうことは今後の仕事の段取りを考えていくために大切なことです。今の経営が、日々...


部下の育成とは:物流管理者の育て方(その3)

  ◆ 部下の育成 皆さんの会社の物流管理者は部下の育成をしっかりとできていますでしょうか。自部門で必要なスキルを棚卸し、それを確実にで...

  ◆ 部下の育成 皆さんの会社の物流管理者は部下の育成をしっかりとできていますでしょうか。自部門で必要なスキルを棚卸し、それを確実にで...