「P2M」とは

P2Mとは、A Guide to Project and Program Management for Enterprise Innovationの省略形であり、(財)エンジニアリング振興協会が発行し、日本プロジェクトマネジメント協会(PMAJ)が普及を担当しているプロジェクトおよびプログラム管理の標準ガイドです。 欧米で先行するPMBOK(1985年)やICB(1999年)に対して、純日本製のプロジェクトマネジメント標準として2001年に発行されました。 複数のプロジェクトを組み合わせたプログラムと呼ぶ大きな統合活動を扱う点と、経営、戦略の視点を取り入れた点に特徴があります。


「P2M」の活用事例

もっと見る
『坂の上の雲』に学ぶ先人の知恵(その3)

   『坂の上の雲』は司馬遼太郎が残した多くの作品の中で、最もビジネス関係者が愛読しているものの一つでしょう。これには企業がビジネスと言う戦場で勝利をお…

   『坂の上の雲』は司馬遼太郎が残した多くの作品の中で、最もビジネス関係者が愛読しているものの一つでしょう。これには企業がビジネスと言う戦場で勝利をお…