「SLP」とは

SLPとは

SLP(Systematic Layout Planning)とは、米国のリチャード・ミューサーが提唱した体系的な工場レイアウトの手順であり、製品の量と種類、工程毎の必要スペースと相互の関係性などをインプットにして、一連の手順で工場レイアウトを検討します。 材料のレイアウトや設備や工具は、工場の生産性を考える時に極めて重要であり、基本的にはトータルの搬送距離が最短になるように計画します。 レイアウトの最適化が行われても、生産品目や設備が更新されることにより条件が変化しますから、定期的な見直しが必要です。

◆関連解説記事『工場内のレイアウト(設備配置)とその手順』

◆関連セミナー紹介

◆関連教材紹介

 


「SLP」のキーワード解説記事

もっと見る
SLP手法とは(その1)誰でもできる効果的なレイアウト設計

    1.はじめに 工場レイアウトを決定、見直す場合に直線的であることや、最短距離といった点に注目されがちです。これらは大事で...

    1.はじめに 工場レイアウトを決定、見直す場合に直線的であることや、最短距離といった点に注目されがちです。これらは大事で...


工場レイアウトの原理原則とは

 工場診断時によく見られることですが、設備や組立て作業のレイアウトを、長年変えずに生産している工場があります。製造業を取り巻く環境はめまぐるしく変わり、こ...

 工場診断時によく見られることですが、設備や組立て作業のレイアウトを、長年変えずに生産している工場があります。製造業を取り巻く環境はめまぐるしく変わり、こ...