「シナリオプランニング法」とは

シナリオプランニング法とは、潜在的な要因を含めて可能性のある将来の環境についてシナリオを作成して、あらかじめ対応策を講じておく方法で、戦略策定などで使われます。 元は第2次世界大戦時に米軍が利用していたOR手法を補うために開発され、60年代にハーマン・カーンが発表して注目を浴び、企業や政府など広い分野で使われるようになりました。 予測を目的とするのではないため、あらゆる可能性を考える事に意味はなく、最もありそうなシナリオと対比させる2,3のシナリオについて対応を備えておくことで、それが現実化した際の決断と行動を早める効果があります。


「シナリオプランニング法」のキーワード解説記事

もっと見る
マーケティング手法のシステム化、シークエンス・ジェネレーション法とは

1.シークエンス・ジェネレーション法とは  取材調査、観察調査、アンケート調査などで収集した定性情報をもとに、特徴的な場面や行動を織り込んだ基本シナリオを作…

1.シークエンス・ジェネレーション法とは  取材調査、観察調査、アンケート調査などで収集した定性情報をもとに、特徴的な場面や行動を織り込んだ基本シナリオを作…


「シナリオプラニング」将来に対してあらかじめ準備する

 今回はマクロ環境分析の一つの手法である「シナリオプラニング」を解説します。 1.シナリオプラニングとは  シナリオプラニングとは、もとともは米国が第二次…

 今回はマクロ環境分析の一つの手法である「シナリオプラニング」を解説します。 1.シナリオプラニングとは  シナリオプラニングとは、もとともは米国が第二次…


データを流れとしてまとめる技法 「 ストーリー法 」とは

1.ストーリー法の概要  ストーリー法とはその名のとおり、データを流れとしてまとめる技法で、収束技法・系列型の基本手法で筆者が考案しました。イベント計画、講…

1.ストーリー法の概要  ストーリー法とはその名のとおり、データを流れとしてまとめる技法で、収束技法・系列型の基本手法で筆者が考案しました。イベント計画、講…