ホーム > 技法解説 > アイデア発想法 > シナリオプランニング法

シナリオプランニング法 とは

シナリオプランニング法とは、潜在的な要因を含めて可能性のある将来の環境についてシナリオを作成して、あらかじめ対応策を講じておく方法で、戦略策定などで使われます。 元は第2次世界大戦時に米軍が利用していたOR手法を補うために開発され、60年代にハーマン・カーンが発表して注目を浴び、企業や政府など広い分野で使われるようになりました。 予測を目的とするのではないため、あらゆる可能性を考える事に意味はなく、最もありそうなシナリオと対比させる2,3のシナリオについて対応を備えておくことで、それが現実化した際の決断と行動を早める効果があります。


シナリオプランニング法の解説記事一覧

シナリオプランニング法の活用事例一覧

の活用事例はまだありません。


シナリオプランニング法の専門家

氏名 会社名
石橋 良造 株式会社 RDPi 組織のしくみと個人の意識を同時に改革・改善するこ…
髙橋 誠 株式会社創造開発研究所 企業のイノベーション戦略の構築と実践をお手伝いし…

シナリオプランニング法で解決できる課題

8件中 18件目
並び替え: 対応度 課題分類


対応度 課題分類 課題
3 企画 企業戦略・方針にあった製品企画をしたい
3 企画 魅力品質の高い製品を企画したい
3 設計・開発 研究開発すべき技術テーマを的確に選定したい
1 企画 顧客要求に応える製品を明確にしたい
1 企画 企画構想の変更を防止したい
1 企画 製品企画を関係部門で確実に共有したい
1 企画 社内で開発した技術から製品を企画したい
1 市場品質 市場クレームを未然防止したい






MONO - モノづくりを愛する起業家達のためのコワーキングオフィス
オープンイノベーション支援サービス | Linkers(リンカーズ)
≫広告掲載をご希望の方はこちら