「ロジカルシンキング」とは

ロジカルシンキング(logical thinking)は、日本語では「論理的思考」と訳され、ものごとを筋道立てて考える思考法のことです。ビジネスの場では、2001年にマッキンゼー・アンド・カンパニー出身者によってMECEなどのテクニックが紹介されたことに端を発し、その応用性の高さから大きく広まりました。現在は、問題の分解・整理、仮説検証などを行う具体的なプロセスが確立されています。