「ロジカルシンキング」とは

ロジカルシンキング(logical thinking)は、日本語では「論理的思考」と訳され、ものごとを筋道立てて考える思考法のことです。ビジネスの場では、2001年にマッキンゼー・アンド・カンパニー出身者によってMECEなどのテクニックが紹介されたことに端を発し、その応用性の高さから大きく広まりました。現在は、問題の分解・整理、仮説検証などを行う具体的なプロセスが確立されています。


「ロジカルシンキング」のキーワード解説記事

もっと見る
決断こそが社長の仕事 (その1)

 決断することは社長にしかできない仕事です。どれだけ情報を集めても、意見を他人に求めてみても、自動的に魔法のような論理で決まることはありません。多くの場合...

 決断することは社長にしかできない仕事です。どれだけ情報を集めても、意見を他人に求めてみても、自動的に魔法のような論理で決まることはありません。多くの場合...


決断こそが社長の仕事 (その2)

1.事例:ある小売業者の新規出店検討(論理的思考についての説明)    前回のその1に続いて解説します。「習うより慣れよ」ということもありま...

1.事例:ある小売業者の新規出店検討(論理的思考についての説明)    前回のその1に続いて解説します。「習うより慣れよ」ということもありま...


決断こそが社長の仕事 (その3)

1.論理的思考の一般的な流れ  前回のその2に続いて解説します。事例で述べたステップを振り返り、特定の事例によらない、一般的な流れを見ていきます。 (...

1.論理的思考の一般的な流れ  前回のその2に続いて解説します。事例で述べたステップを振り返り、特定の事例によらない、一般的な流れを見ていきます。 (...