ホーム > 技法解説 > 固有技術 > バイオ技術

バイオ技術 とは

バイオ技術とは、生物工学、生命工学の分野で、生物の行う化学反応などを工業的に利用・応用する技術で、遺伝子の組み換えなどが含まれ、環境浄化・発酵・新品種育成などに利用します。

バイオ技術のセミナー

バイオセンサ、バイオデバイスの最新動向と製品開発への応用
開催日 (登録日:2017-5-16 / 開催日:2017-10-26)
説明 ☆ウエアラブル・バイオセンサ、BAN(BodyArea Network)、生化学式ガスセンサ、人工臓器 受講料 R&D会員登録していただいた場合、通常1名様申…
印刷技術の医療への応用 −印刷技術が生命を救う−
開催日 (登録日:2017-8-20 / 開催日:2017-10-25)
説明 ★自社技術を用いて医療業界に参入をお考えの方・既にしている方など情報収集中の方にお勧め。★バイオ3Dプリンタ―での臓器づくりや製剤などへの応用はどのように行われているのか、国内外…
フレキシブルガラス型も登場!マイクロ流体チップの最新開発動向と応用展望
開催日 (登録日:2017-8-16 / 開催日:2017-10-17)
説明 ★接着や加工など、取り扱いが難しい超薄板ガラスのマイクロチップの作成方法とは?★需要が高まるポイントオブケア検査、ウェアラブル化にも期待の技術をご紹介! 講師 (国研…
最先端バイオインフォマティクス解析 オミックス・ビッグデータとレガシー・データの統合活用
開催日 (登録日:2017-8-19 / 開催日:2017-10-17)
説明 ★バイオインフォマティクスを用いた各種解析を行うための環境からそれぞれの手法、そして注意点までを1日で学べるセミナーです。★基礎からバイオインフォマティクスを学びたい、導入にあた…
ナノバブル・ファインバブルの基礎物性と植物・農作物への影響
開催日 (登録日:2017-7-11 / 開催日:2017-9-22)
説明 【ナノバブル】植物応用!「国際標準化」の動向・現状は? 講師 東京大学 大学院 農学生命科学研究科 食の安全研究センター特任教授 農学博士 大下 誠一 先生【講師紹介】197…
「窒素含有廃水の処理技術」 〜窒素処理の基礎、最新技術動向とトラブル対策、 包括固定化担体の作製実習〜
開催日 (登録日:2017-7-2 / 開催日:2017-9-13)
説明 下水や産業廃水での窒素除去技術の基礎から応用までご説明します。 有用菌のリアクターへの保持方法として、包括固定化担体の作製【実習付】です! 講師 東洋大学 生命科学部 応用生…
もみ殻のマテリアルリサイクル 吸着剤,機械材料から電池・キャパシタ電極まで
開催日 (登録日:2017-7-1 / 開催日:2017-9-12)
説明 本セミナーでは,もみ殻の排出およびリサイクル状況,さらに,素材としての特徴を説明します。もみ殻の電池・キャパシタ電極への応用、機械材料への応用など、ご興味のある方は是非ご参加くだ…
蛍光性ナノ粒子の作製,粒径制御技術とバイオイメージングへの応用
開催日 (登録日:2017-7-5 / 開催日:2017-8-24)
説明 ★ 高輝度で褪色しにくく、毒性の低い材料開発事例から 粒子の表面修飾やサイズ制御までじっくり解説します! 受講料 1名につき55,000円(消費税抜き、昼食・資料付き)〔1社…



バイオ技術の解説記事一覧

解説記事はまだありません。

バイオ技術の活用事例一覧

の活用事例はまだありません。


バイオ技術の教材New!


【 微生物図鑑 】 培養・同定と汚染制御 Vol.1 真菌

固有技術 > バイオ技術
講師:監修 野本 明男氏 (公財)微生物化学研究会 理事長 微生物化学研究所 所長 東京大学 名誉教授
税別価格:60,000円







MONO - モノづくりを愛する起業家達のためのコワーキングオフィス
オープンイノベーション支援サービス | Linkers(リンカーズ)
≫広告掲載をご希望の方はこちら