「化学技術」とは

化学技術は物質やエネルギーの物理的、化学的な変化に関する様々な現象の産業的応用を扱う固有技術です。 大きくは無機化学、有機化学に分類され、加熱、粉砕、混合、分離、蒸留、吸収、抽出、乾燥などの単独あるいは複合的な操作で化学反応を進めます。 大規模なプラントから小規模な樹脂成型という形態だけでなく、製鉄や、食品、エネルギー、環境保全、さらには発酵、バイオ、医学などの分野にまで応用は広がっています。


「化学技術」のキーワード解説記事

もっと見る
プラスチック材料、製品の使われ方を見極めることの重要性

1.製品をどのように使用するかを見極める作業が非常に重要  製品を設計するにあたっては、設計の初期段階において、使用者が製品をどのように使用するかを...

1.製品をどのように使用するかを見極める作業が非常に重要  製品を設計するにあたっては、設計の初期段階において、使用者が製品をどのように使用するかを...


スパッタリングの原理・応用(その1)

1.スパッタリング技術とは  スパッタリング(スパッタ)は、図1のように、コーティング技術の分類では薄膜形成に用いられる物理的気相成長法(PVD)の...

1.スパッタリング技術とは  スパッタリング(スパッタ)は、図1のように、コーティング技術の分類では薄膜形成に用いられる物理的気相成長法(PVD)の...


スパッタリングの原理・応用(その2)

 前回のその1に続いて解説します。   3.スパッタ膜の特徴  表2のように、スパッタリングでつくられる膜には、様々な特徴があります。緻密で欠陥...

 前回のその1に続いて解説します。   3.スパッタ膜の特徴  表2のように、スパッタリングでつくられる膜には、様々な特徴があります。緻密で欠陥...


「化学技術」の活用事例

もっと見る
3D Printing 2016 レポート:方式別、技術動向(その4)

 3D Printing 2016(2016年1月27~29日:東京ビッグサイト)から、方式別に技術動向を整理して4回に分けて解説しています。最終回は、粉...

 3D Printing 2016(2016年1月27~29日:東京ビッグサイト)から、方式別に技術動向を整理して4回に分けて解説しています。最終回は、粉...


3D Printing 2016 レポート:方式別、技術動向(その3) インクジェット方式と紙の積層による方式

 3D Printing 2016(2016年1月27~29日:東京ビッグサイト)から、方式別に技術動向を整理して解説します。第3回は、『 インクジェット...

 3D Printing 2016(2016年1月27~29日:東京ビッグサイト)から、方式別に技術動向を整理して解説します。第3回は、『 インクジェット...


3D Printing 2016 レポート:方式別、技術動向(その2)FDM方式』

 3D Printing 2016(2016年1月27~29日:東京ビッグサイト)から、方式別に技術動向を整理して解説します。第2回は、『 FDM方式 』...

 3D Printing 2016(2016年1月27~29日:東京ビッグサイト)から、方式別に技術動向を整理して解説します。第2回は、『 FDM方式 』...