「化学技術」とは

化学技術は物質やエネルギーの物理的、化学的な変化に関する様々な現象の産業的応用を扱う固有技術です。 大きくは無機化学、有機化学に分類され、加熱、粉砕、混合、分離、蒸留、吸収、抽出、乾燥などの単独あるいは複合的な操作で化学反応を進めます。 大規模なプラントから小規模な樹脂成型という形態だけでなく、製鉄や、食品、エネルギー、環境保全、さらには発酵、バイオ、医学などの分野にまで応用は広がっています。


「化学技術」のキーワード解説記事

もっと見る
防汚コーティングの種類と特徴(その2)撥水コーティング剤

   前回のその1に続いて解説します。   4. 撥水性コーティングによる防汚効果と撥水コーティング剤    撥水...

   前回のその1に続いて解説します。   4. 撥水性コーティングによる防汚効果と撥水コーティング剤    撥水...


防汚コーティングの種類と特徴(その1)防汚コーティングとは

  1. 防汚コーティングとは    防汚コーティングという言葉になじみのない人もいると思いますが、身近な例ではフッ素樹脂加工し...

  1. 防汚コーティングとは    防汚コーティングという言葉になじみのない人もいると思いますが、身近な例ではフッ素樹脂加工し...


スパッタリング薄膜プロセス技術者にとって必要なこととは

 半導体、電子デバイス、機能フィルム、金型、工具・・、薄膜プロセスを扱う技術開発チームのリーダーの皆様、自社の社員を、課題解決力のある薄膜のエキスパートに...

 半導体、電子デバイス、機能フィルム、金型、工具・・、薄膜プロセスを扱う技術開発チームのリーダーの皆様、自社の社員を、課題解決力のある薄膜のエキスパートに...


「化学技術」の活用事例

もっと見る
化学物質による事故・汚染、化学物質の危険性、有害性、取扱い事例

 私の所属している化学物質管理士協会が行う化学物質管理試験科目の一つである化学物質による事故・汚染、化学物質の危険性、有害性、取扱い方について取り上げ...

 私の所属している化学物質管理士協会が行う化学物質管理試験科目の一つである化学物質による事故・汚染、化学物質の危険性、有害性、取扱い方について取り上げ...


3D Printing 2016 レポート:方式別、技術動向(その4)

 3D Printing 2016(2016年1月27~29日:東京ビッグサイト)から、方式別に技術動向を整理して4回に分けて解説しています。最終回は、粉...

 3D Printing 2016(2016年1月27~29日:東京ビッグサイト)から、方式別に技術動向を整理して4回に分けて解説しています。最終回は、粉...


3D Printing 2016 レポート:方式別、技術動向(その3) インクジェット方式と紙の積層による方式

 3D Printing 2016(2016年1月27~29日:東京ビッグサイト)から、方式別に技術動向を整理して解説します。第3回は、『 インクジェット...

 3D Printing 2016(2016年1月27~29日:東京ビッグサイト)から、方式別に技術動向を整理して解説します。第3回は、『 インクジェット...