「機械技術」とは

機械技術には対象によって一般機械、輸送機械、加工機械、産業機械、精密機械、航空機、船舶などがあり、非常に汎用性の高い固有技術分野です。昨今では機械だけで完結する製品は少数であり、電気電子回路やソフトウェアを組み合わせたインフォメカトロニクスの時代になっていますが、その重要性が損なわれたわけではありません。

機械設計した商品が振動・騒音問題を発生した場合、機械設計だけでは問題を解決できません。この場合は、振動工学などによるデジタル信号処理技術などが必要になり、これらの技術を有機的に組み合わせ活用しなくてはなりません。

機械技術関連の解説記事

機械技術関連のセミナー紹介

 


「機械技術」のキーワード解説記事

もっと見る
マニピュレーターとは

  触覚技術が脚光を浴びています。パソコン、家電、携帯端末、自動車、文房具、医療・福祉用品など、人が触る様々な製品に携わる方々からの触覚技...

  触覚技術が脚光を浴びています。パソコン、家電、携帯端末、自動車、文房具、医療・福祉用品など、人が触る様々な製品に携わる方々からの触覚技...


チャンバーとは

  普段の生活の中でチャンバーという単語を聞いたことがある方は少ないかもしれません。しかし空気の流れや圧力に関わる多くの機器・装置には、さ...

  普段の生活の中でチャンバーという単語を聞いたことがある方は少ないかもしれません。しかし空気の流れや圧力に関わる多くの機器・装置には、さ...


トライボロジーとは?省エネ・省資源に貢献する重要なキーワード

  省エネ・省資源が重要なキーワードである現代において、摩擦や摩耗を減らすことはエコロジーと直結した切実な課題です。摩擦や摩耗の低減は、ト...

  省エネ・省資源が重要なキーワードである現代において、摩擦や摩耗を減らすことはエコロジーと直結した切実な課題です。摩擦や摩耗の低減は、ト...


「機械技術」の活用事例

もっと見る
6基のスクリューでコントロールできる海洋調査船とは

 海洋調査船「ちきゅう」は、国立研究開発法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)が管轄する2005年に建造された世界最高の科学掘削能力(水深2,500m...

 海洋調査船「ちきゅう」は、国立研究開発法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)が管轄する2005年に建造された世界最高の科学掘削能力(水深2,500m...


マシニングや放電加工を行う工場の機械レイアウトで考慮すべき4つのこと

  【目次】 1、マシニング・放電加工を行う工場レイアウトで考慮すべきこと  (1) 自動機は対面で  (2) 汎用機は1か所にまとめない ...

  【目次】 1、マシニング・放電加工を行う工場レイアウトで考慮すべきこと  (1) 自動機は対面で  (2) 汎用機は1か所にまとめない ...