「アイデア選択法」とは

商品企画7つ道具は、商品価値が製造品質から設計品質さらには企画品質に移行する時代にあって、(財) 日本科学技術連盟の研究グループが、商品企画に関して品質管理7つ道具(Q7)に相当する手法を7 つを選び出し、整理したものです。 インタビュー調査アンケート調査ポジショニング分析アイデア発想法アイデア選択法コンジョイント分析品質表の7つからなり、商品のニーズ探索と検証、コンセプトの発想と決定、設計とのリンクというステップで進みます。 必ず大ヒットというほど甘くはありませんが、全てのステップを踏めばアウトの確率は相当に低くできると言われます。

アイデア選択法は、多くのアイデアから現実的な企画に絞り込むために使われます。商品企画7つ道具では、「重み付け評価法」や「一対比較評価法」が使われます。


「アイデア選択法」のキーワード解説記事

もっと見る
社内で妄想した商品開発は、顧客との乖離を生む

   今回は商品企画の上流工程である企画案構築について、商品開発を社内で妄想しても顧客乖離する典型的な事例から、有効な企画案構築方法につい...

   今回は商品企画の上流工程である企画案構築について、商品開発を社内で妄想しても顧客乖離する典型的な事例から、有効な企画案構築方法につい...


アイデア選択法とは

 今回は、顧客基準で最良アイデアを選択するアイデア選択法を解説します。   1. アイデア選択法とは  商品企画七つ道具の手法であるアイデア選択...

 今回は、顧客基準で最良アイデアを選択するアイデア選択法を解説します。   1. アイデア選択法とは  商品企画七つ道具の手法であるアイデア選択...