QC工程図の作成手順

 「工程管理計画の中で、計画時にその中心となる管理資料として、また工程管理の実施時には工程の管理標準として活用されるための標準。」として定義されています。QC工程図は、「QC工程表、管理工程表、工程保証一覧表、管理項目一覧表」など種々の呼称が用いられています。
 
 QC工程図は、製品やプロセスのアウトプットを監視しインプットを管理する手続きが記述されています。顧客要求項目が実現されていることを、顧客及び工程関係者が共通認識するための管理方法及び記録方法を記載している文書です。作業標準や測定システムと連動して、常に更新される生きた文書です。
 
 出荷検査や受入検査では品質確認出来ない塗装や溶接等の特殊工程のアウトプットをプロセスで品質保証している証拠として広く用いられています。QC工程図は、対顧客、対仕入れ先間で取引開始前に取り交わされる代表的な文書です。作業標準や検査標準とQC工程図の作成目的は、前者は作業者や検査者を対象に、人や環境によるばらつきを無くすことですが、QC工程図は、顧客・後工程への品質保証であることが大きく違います。
 

1.QC工程図の一般的な作成手順

(1) 顧客要求の特性値と基準値を明確にします。
(2) ものづくりのプロセスを時系列に並べます。プロセスは機能(名詞+他動詞)として表現します。
(3) 各プロセスの責任者を明確にします。
(4) 各プロセスの設備・装置を記述します。
(5) 各プロセスのアウトプットとその特性値の規格値と管理値を明確にします。
(6) 各プロセスのインプットとその特性値の規格値と管理値を明確にします。
  インプットには前の工程のアウトプットを含みます。
(7) 各アウトプット、インプットの監視方法、管理方法(管理図、チェックシート、等)を記述します。
(8) 各アウトプットとインプットの測定システム(測定器、測定者等)を記述します。
(9) 各アウトプットとインプットのサンプリングプランを記述します。
(10) 各アウトプットとインプットの特性値が規格値や管理値を外れた場合の対応方法を記述します。
(11) 顧客要求の特性値毎に各プロセスで確実に保証されているかどうか一貫性と整合性を確認します。
 

セミナー「溶解度パラメータ(SP値・ HSP値)の基礎・応用とHansen溶解球の利用技術 最前線2ヶ月連続コースセミナー」

10:30 ~ 17:00 

[基礎編]東京・品川区大井町 きゅりあん5F 第4講習室

82,500円

2.QC工程図のフォーマットの例

 
qch2
 図1.QC工程図
 
 QC工程図は工程計画時に作成され、工程管理実施中に変更・改善がされた場合はその都度最新版に改定される必要があります。以上のように、ものづくりを進める上で最重要のしくみ、手法と言えます。このことからも、品質保証部又は部員の機能・能力としてQC工程図を作成できることが、必要不可欠とされています。
 
・参考文献:[1]三浦新・狩野紀昭・津田義和・大橋靖雄.(1985)「QC工程図」TQC用語辞典、P100

この記事の著者

高畑 明敏

難しい問題を、易しい問題に置き換えて、短期間で解決します!

難しい問題を、易しい問題に置き換えて、短期間で解決します!

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「QC工程図(QC工程表)」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「高畑 明敏」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。