工程能力指数

inf08◆ Cp=3.0なのに苦情が絶えないのは?

 Cpとは工程能力指数です。特性値が規格範囲にどの程度収まっているかを観る為の指数です。ある部品の長さ規格が100±1mmだとすると、実際の製品の長さは99-101mmの範囲に100%収まっているのが理想です。然しながら同じ工場、同じ機械、同じ元材料、同じ作業者にて同じ様に加工したとしてもばらつきは発生します。
 
 仮に100万個作ったら何個が規格外れになるでしょうか、それを知るための目安指標がCpやCpkと呼ばれる指標です。ばらつきを表す統計指標の1つに標準偏差σがあります。Cpは、その計算式から規格範囲内にσ何個分が含まれるか表していると言えます。
 
 Cp(もしくはCpk)=1.0の時は、造った部品の99.73%が規格内に収まり、約0.3%が規格範囲外となります。即ち100万個作成したら、2700個程度が規格から外れます。
 
 一般にCp・Cpkの値は1.33以上は必要で、1.66以上が好ましいと言われます。1.33は0.006%が規格外になり、100万個のうち63個が規格外となります。 同様に1.66であれば0.00006%であり、100万個作成してわずか0.6個となります。
 
 もしCp値が3.0であれば・・・一般的感覚で言えばゼロに等しいと言えます。然しながら、ある企業ではCp値が3.0なのに規格外れの苦情が絶えませんでした。工程能力が3.0もあれば検査工程など必要なく、淡々と製造してれば規格内に入ったものが生み出されるはずです。それが何故苦情が生じるのか、考えられる原因はいくつかあります。
 
(1)規格値が旧世代のままで実情からかけ離れている
(2)異常値を除いてCp値を計算しており実態と異なっている
(3)計測技術が低く、同一値が多数見られる
 
 3番目ですが、同じ値を用いて計算するとσ値が小さくなり、Cpは逆に高くなります。上記の企業では、上の3つのどれにも当てはまりませんでした。 実は「規格に入るまで何度も測...

inf08◆ Cp=3.0なのに苦情が絶えないのは?

 Cpとは工程能力指数です。特性値が規格範囲にどの程度収まっているかを観る為の指数です。ある部品の長さ規格が100±1mmだとすると、実際の製品の長さは99-101mmの範囲に100%収まっているのが理想です。然しながら同じ工場、同じ機械、同じ元材料、同じ作業者にて同じ様に加工したとしてもばらつきは発生します。
 
 仮に100万個作ったら何個が規格外れになるでしょうか、それを知るための目安指標がCpやCpkと呼ばれる指標です。ばらつきを表す統計指標の1つに標準偏差σがあります。Cpは、その計算式から規格範囲内にσ何個分が含まれるか表していると言えます。
 
 Cp(もしくはCpk)=1.0の時は、造った部品の99.73%が規格内に収まり、約0.3%が規格範囲外となります。即ち100万個作成したら、2700個程度が規格から外れます。
 
 一般にCp・Cpkの値は1.33以上は必要で、1.66以上が好ましいと言われます。1.33は0.006%が規格外になり、100万個のうち63個が規格外となります。 同様に1.66であれば0.00006%であり、100万個作成してわずか0.6個となります。
 
 もしCp値が3.0であれば・・・一般的感覚で言えばゼロに等しいと言えます。然しながら、ある企業ではCp値が3.0なのに規格外れの苦情が絶えませんでした。工程能力が3.0もあれば検査工程など必要なく、淡々と製造してれば規格内に入ったものが生み出されるはずです。それが何故苦情が生じるのか、考えられる原因はいくつかあります。
 
(1)規格値が旧世代のままで実情からかけ離れている
(2)異常値を除いてCp値を計算しており実態と異なっている
(3)計測技術が低く、同一値が多数見られる
 
 3番目ですが、同じ値を用いて計算するとσ値が小さくなり、Cpは逆に高くなります。上記の企業では、上の3つのどれにも当てはまりませんでした。 実は「規格に入るまで何度も測りなおし、入ったデータを採用していた」でした。
 
 測定行為のばらつき防止の為、数回測定し平均値や中央値を採用する事は良くあります。それが悪い意味で拡大解釈されると、この様な事が生じます。強い歩留り改善要求が、品質管理意識を越えてしまった為に生じたものでした。
 
 そもそも3.0は高過ぎる事に疑問を持つべきだったと思います。3.0もあるのにおかしいと嘆く前に、現場を観察していればもっと早く原因に辿り着いた事でしょう。
 

  残り20% 続きを読むには・・・


この記事の著者

眞名子 和義

ムダ・ムラ・ムリの「3ムの撤廃が企業収益向上に繋がる」を信条とし、お客様の"視座"に立ったご提案を致します

ムダ・ムラ・ムリの「3ムの撤廃が企業収益向上に繋がる」を信条とし、お客様の"視座"に立ったご提案を致します


「SQC」の他のキーワード解説記事

もっと見る
平均のいろいろ(その1) 算術平均と幾何平均

◆関連解説『SQCとは』


現場数学(その3)~長方形の面積S=a×b?-誤差の概念、誤差の伝播―

  1. 誤差の概念について  子どもの頃、面積を求める問題は分かりやすく、誰でも算数が出来た気になりました。その時、悩みもせず、例えば...

  1. 誤差の概念について  子どもの頃、面積を求める問題は分かりやすく、誰でも算数が出来た気になりました。その時、悩みもせず、例えば...


平均のいろいろ(その2) 調和平均と重みつき平均

◆関連解説『SQCとは』


「SQC」の活用事例

もっと見る
信頼できる結果を得るために統計的手法の活用を

昔の事になりますが、配属された職場の先輩の下である実験を手伝いました。先輩は図1のような計画をたてました。2つの量的因子A、Bの効果を確認する実験でした。...

昔の事になりますが、配属された職場の先輩の下である実験を手伝いました。先輩は図1のような計画をたてました。2つの量的因子A、Bの効果を確認する実験でした。...


統計教育が必須な検査担当者

 測定や検査結果の値で合格判定を行い、製品性能の品質保証をする事は製造業に取っては当たり前と言える日常的作業です。一方で検査や測定の正確さや信頼性を担保す...

 測定や検査結果の値で合格判定を行い、製品性能の品質保証をする事は製造業に取っては当たり前と言える日常的作業です。一方で検査や測定の正確さや信頼性を担保す...


飛行機事故とセンサー・フィードバックの分布

   ボーイング 737 Max 8機が短い期間に2回の墜落死亡事故を起こし、多くの航空会社が同機種の運航を停止する事態となっています。多くの...

   ボーイング 737 Max 8機が短い期間に2回の墜落死亡事故を起こし、多くの航空会社が同機種の運航を停止する事態となっています。多くの...