TRIZにおける物質-場分析

1. 物質-場分析とは

 TRIZツールの中に、物質-場分析と呼ばれるツールがあります。これは、対象システムを物質と場という視点で認識してそれをモデル化し、予めパターン化された問題解決のヒントとなるツール(76の発明標準解)を当てはめて、具体的な解決案を見つけようとする手法のことです。このツールのエッセンスは単純なのですが、直感的でないため、日本人技術者にはなじめない人も多いようです。 

 例えば、1つの機能をうまく果たすには、少なくとも2つの物質S(Substance)と1つの場F(Field)が必要であるという考え方があります。これらの3つはそれぞれ、物質S1、物質S2、および場Fと呼び、図1のように通常三角形で描かれます。三角形は物質Sと場Fで表され、それらを有用な作用=実線の矢印、不十分な作用=破線の矢印、有害な作用=波線の矢印などでつなげます。「物質」とは具体的な意味ではなく、「物質を持つ何か」くらいのイメージと考えればよいわけです。「場」とは、「システムに存在する任意の形態のエネルギー」を意味するものとされます。具体的には、力学的な場、熱的な場、化学的な場、電気的な場、生物学的な場、工学的な場、磁気的な場などがそれにあたります。

物質-場モデルの基本形

図1 物質-場モデルの基本形と相互作用線の種類

セミナー「高分子材料・製品中の添加剤分析法 :基礎~実践ノウハウまで」

10:30 ~ 16:30 

[東京・京急蒲田]大田区産業プラザ(PiO)6階G会議室 

47,300円

2. 身近に存在する物質-場分析の事例

 例えば、ご飯を炊く場合をモデルとして考えてみましょう。ガス釜をS1 、ご飯をS2とすると、ガスによる熱が場F1となります。ここで、ガス釜で炊いたご飯がおいしくないとか時間がかかり過ぎるとかいったことであれば、それらを不十分な作用とみなし、別の解決策を探すことになります。新たな場として圧力F2を加えると、速くおいしく炊けるようになるわけです。おいしくないという不十分な作用だけだとすると、ガスによる熱の場F1を高周波熱によるIHの場や電気によるジュール熱の場F3に変えます。あるいはご飯S2を、別の銘柄の米S3に変えるのです。これらを図示すると、図2 のように描けます。

物質-場モデルの適用例

図2  炊飯への物質-場モデル適用事例


この記事の著者

粕谷 茂

「感動製品=TRIZ*潜在ニーズ*想い」実現のため、差別化技術力、自律人財創出を支援します。

「感動製品=TRIZ*潜在ニーズ*想い」実現のため、差別化技術力、自律人財創出を支援します。

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「物質場/発明標準解」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「粕谷 茂」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。