新規事業創出、カスタマイズされたコンサルティングで目指す成功への道

投稿日

  新規事業創出、カスタマイズされたコンサルティングで目指す成功への道

 

◆ 新規事業の生み出し方

新規事業のコンサルティングサービスは、大手コンサルティング会社のものとは異なり、そのアプローチは、単にアイデアを提供するだけではなく、新規事業が持続可能に成長するよう、クライアントのチームと密接に協力し、企業文化にマッチした方法でコンサルティングを進めます。アイデア提供、他社との協業を通じたオープンイノベーションの支援も行います。

 

良いアイデアがあっても、それが製品化されるまでの道のりは簡単ではありません。アイデアが最終的な製品に至るまでには、マーケティングや試作の段階で徐々にその形を変えていかなければなりません。

 

アイデア提供だけでは、途中で市場のニーズに合わなくなった場合(たとえば市場に合わないと判断された際)、プロジェクトは失敗と見なされがちです。しかし、適切な変更を行うことで市場に適した製品が完成することが多いです。このプロセス全体を通じて、クライアントと共に伴走し、サポートを提供します。

 

新規事業創出、カスタマイズされたコンサルティングで目指す成功への道

 

次に、事例を紹介します。大企業はある段階までコンサルティングした後、社内でプロジェクトを進めることが多いようです。中小企業では、商品化までの伴走支援を求められることが一般的です。

 

【事例1】中小企業での新商品開発

課題: 新しい商品開発の意欲はあるが、具体的な方法がわからない。

支援内容:

社内の強みや得意分野、望む方向性を調査(アンケート実施を含む)。
テーマを特定し、具体的な進め方を提案。
外部リソースを活用して試作品を作成。
試作品の特徴を特許出願し、他社の参入を抑止。
展示会に出展し、テストマーケットを開始。

 

【事例2】大企業での新規商品開発とコストダウン

課題: 既存商品の売上が伸び悩み、新しい商品の開発が必要。

支援内容:

既存商品から派生する商品候補を10程度選定。
企業名を伏せた覆面市場調査を10回以上実施。
調査結果から有望なテーマを一つ選び、製造の適性を考慮。
既存の生産ラインを活用した商品開発をサポート。
市場とのヒアリングを重ね、過剰スペックの削減とコストダウンを実現。

 

【事例3】大企業の研究所にて新規デバイスの開発支援

課題: デバイス技術に関する専門知識が不足し、開発方向性が定まらない。
   ※既に開始していたプロジェクトの技術支援。

支援内容:

現状を速やかに把握し、知的財産として保護可能な領域を特定しサポート。
コストを考慮した構造設計のためのアイデアを提供。
外部と連携しながら試作品の製作を支援。
将来の市場展開を見据えた知的財産の構築をサポート。

...
  新規事業創出、カスタマイズされたコンサルティングで目指す成功への道

 

◆ 新規事業の生み出し方

新規事業のコンサルティングサービスは、大手コンサルティング会社のものとは異なり、そのアプローチは、単にアイデアを提供するだけではなく、新規事業が持続可能に成長するよう、クライアントのチームと密接に協力し、企業文化にマッチした方法でコンサルティングを進めます。アイデア提供、他社との協業を通じたオープンイノベーションの支援も行います。

 

良いアイデアがあっても、それが製品化されるまでの道のりは簡単ではありません。アイデアが最終的な製品に至るまでには、マーケティングや試作の段階で徐々にその形を変えていかなければなりません。

 

アイデア提供だけでは、途中で市場のニーズに合わなくなった場合(たとえば市場に合わないと判断された際)、プロジェクトは失敗と見なされがちです。しかし、適切な変更を行うことで市場に適した製品が完成することが多いです。このプロセス全体を通じて、クライアントと共に伴走し、サポートを提供します。

 

新規事業創出、カスタマイズされたコンサルティングで目指す成功への道

 

次に、事例を紹介します。大企業はある段階までコンサルティングした後、社内でプロジェクトを進めることが多いようです。中小企業では、商品化までの伴走支援を求められることが一般的です。

 

【事例1】中小企業での新商品開発

課題: 新しい商品開発の意欲はあるが、具体的な方法がわからない。

支援内容:

社内の強みや得意分野、望む方向性を調査(アンケート実施を含む)。
テーマを特定し、具体的な進め方を提案。
外部リソースを活用して試作品を作成。
試作品の特徴を特許出願し、他社の参入を抑止。
展示会に出展し、テストマーケットを開始。

 

【事例2】大企業での新規商品開発とコストダウン

課題: 既存商品の売上が伸び悩み、新しい商品の開発が必要。

支援内容:

既存商品から派生する商品候補を10程度選定。
企業名を伏せた覆面市場調査を10回以上実施。
調査結果から有望なテーマを一つ選び、製造の適性を考慮。
既存の生産ラインを活用した商品開発をサポート。
市場とのヒアリングを重ね、過剰スペックの削減とコストダウンを実現。

 

【事例3】大企業の研究所にて新規デバイスの開発支援

課題: デバイス技術に関する専門知識が不足し、開発方向性が定まらない。
   ※既に開始していたプロジェクトの技術支援。

支援内容:

現状を速やかに把握し、知的財産として保護可能な領域を特定しサポート。
コストを考慮した構造設計のためのアイデアを提供。
外部と連携しながら試作品の製作を支援。
将来の市場展開を見据えた知的財産の構築をサポート。

 

【事例4】大企業の研究所にて新規テーマの立ち上げ

課題: 既存事業の拡張と、強みを活かした新規事業の創出。

支援内容:

営業部門と連携しながら新たなビジネスチャンスを探索。
新規テーマの立案と推進。
人材の確保と初期の研究開発プランのサポート。
新規プロジェクトの新聞発表と展示会での発表実施。

 

【ものづくり セミナーサーチ】 セミナー紹介:国内最大級のセミナー掲載数 〈ものづくりセミナーサーチ〉 はこちら!

 

   続きを読むには・・・


この記事の著者

藤井 隆満

基礎研究から商品化まで一直線の開発。 目指す市場と技術のマッチング、知財戦略、バリューチェーンをどうするかということを論理的に考え、開発を加速させましょう。

基礎研究から商品化まで一直線の開発。 目指す市場と技術のマッチング、知財戦略、バリューチェーンをどうするかということを論理的に考え、開発を加速させましょう。


「事業戦略」の他のキーワード解説記事

もっと見る
受注拡大へのアプローチとは

        今回は、中小メーカーの1次下請けで、プレス加工・板金加工を主に、条件により機械加工から組立も...

        今回は、中小メーカーの1次下請けで、プレス加工・板金加工を主に、条件により機械加工から組立も...


中小企業の勝ち残り戦略の方向性(その2)

 今回は中小企業が勝ち残るための方向性や考え方の第2回目です。第1回目をまだ読まれていない方はそちらからお読みいただきますよう、お願いいたします。 今...

 今回は中小企業が勝ち残るための方向性や考え方の第2回目です。第1回目をまだ読まれていない方はそちらからお読みいただきますよう、お願いいたします。 今...


新規事業成功の秘訣とは、市場変化と企業課題、魔の川と死の谷を越える戦略

    今回は、始めに、大企業が直面した技術開発プロジェクト失敗の教訓を解説して、最後に新規事業成功の秘訣として、魔の川と死の谷を...

    今回は、始めに、大企業が直面した技術開発プロジェクト失敗の教訓を解説して、最後に新規事業成功の秘訣として、魔の川と死の谷を...


「事業戦略」の活用事例

もっと見る
続き ポストコロナDX『賢い』社長の戦略<未来>からのアプローチ(その2)

  前回のポストコロナDX『賢い』社長の戦略<未来>からのアプローチ(その2)の続きを解説します。 ◆関連解説『事業戦略とは』 Ⅱ.「...

  前回のポストコロナDX『賢い』社長の戦略<未来>からのアプローチ(その2)の続きを解説します。 ◆関連解説『事業戦略とは』 Ⅱ.「...


中国食品工場の問題点 中国企業の壁(その3)

1. 中国食品工場の問題点~床に落とした食材を使ったのは従業員が悪いのか   中国食品工場で起きた問題は、次の2つの事象に分けられます。   (...

1. 中国食品工場の問題点~床に落とした食材を使ったのは従業員が悪いのか   中国食品工場で起きた問題は、次の2つの事象に分けられます。   (...


感性工学を構成する要素 :新環境経営 (その36)

 前回紹介した、「感性工学」の役割の中では触れなかったが、「感性工学」で人々の物の考え方を変えていこう、しかも技術の立場から変えていこうとの考えがあり...

 前回紹介した、「感性工学」の役割の中では触れなかったが、「感性工学」で人々の物の考え方を変えていこう、しかも技術の立場から変えていこうとの考えがあり...