結晶成長とは?【基礎知識】仕組みについて解説

投稿日

結晶成長とは?【基礎知識】仕組みについて解説

 

〈目次〉

  1. 結晶成長とは?
  2. 結晶速度成長の求め方
    1. ステップ・ダイナミクスによる結晶成長
    2. らせん成長について
  3. 結晶成長における不純物の取り扱い
  4. 結晶表面は不純物の脱着を繰り返す
    1. カタストロフィック変化について
  5. まとめ

 

1. 結晶成長とは?

結晶成長とは、原子が集まって結晶を形成する現象です。結晶は、原子が規則的に並んだ構造をしており、その形状は、原子の配列によって決まります。

結晶成長は、さまざまな場面で起こります。例えば、鉱物の結晶化、半導体の育成、金属の溶接などです。


関連記事:単結晶とは?多結晶との違い 単結晶の特徴


 

2. 結晶成長速度の求め方

結晶成長の速度は、単位時間あたりに結晶の体積が増加する量です。

結晶成長の速度の式

V = v * A

  • Vは結晶成長速度
  • vは結晶成長速度係数
  • Aは結晶表面積

結晶成長速度係数は、結晶の成長速度に影響を与える因子です。結晶成長速度係数は、結晶の構造、原子間の結合エネルギー、成長温度、溶質濃度などによって変化します。

 

ステップ・ダイナミクスによる結晶成長

ステップ・ダイナミクス(ステップの力学)とは、結晶表面のステップが成長する現象です。ステップは、原子の並びが不規則な部分であり、成長によって原子が追加されます。

ステップの動きを理解することで結晶成長速度を計算で求めることができます。

 

ステップ・ダイナミクスによる結晶成長速度の式

v = v_0 * exp(-ΔG / k_B T)

  • v_0はステップの移動速度
  • ΔGはステップの移動に必要なギブスの自由エネルギー
  • k_Bはボルツマン定数
  • Tは温度

ステップの移動速度は、結晶の構造、原子間の結合エネルギー、成長温度によって変化します。

 

らせん成長について

らせん成長とは、らせん状の成長面を持つ結晶の成長で、単結晶の育成に用いられる方法です。

らせん成長では、らせん状の成長面上に原子が追加されます。らせん成長面上の原子は、ステップとエッジの両方から成長します。

 

3. 結晶成長における不純物の取り扱い

結晶成長には、不純物が大きな影響を与えます。不純物は、結晶の成長速度や結晶構造、結晶の品質に影響を与えます。

結晶成長における不純物の取り扱いには、以下の方法があります。

 

結晶成長における不純物の取り扱い方法

  • 不純物を除去する
  • 不純物を結晶内に均一に分散させる
  • 不純物を利用した結晶成長を行う


不純物の除去方法

  • 結晶成長前の原料を精製したり、結晶成長中に不純物を除去する装置を用いる。
  • 不純物を結晶内に均一に分散させるには、鋳造や溶融結晶成長を行う。
  • 不純物を利用した結晶成長を行うには、ドープ成長を行う。

 

不純物の影響

結晶成長には、不純物が大きな影響を与えます。不純物は、結晶の成長速度や結晶構造、結晶の品質に影響を与えます。

不純物が結晶成長に与える影響。

  • 結晶成長速度を抑制する
  • 結晶構造を変化させる
  • 結晶の品質を低下させる
  • 表面張力と表面エネルギーの影響


結晶表面のエネルギーは、結晶成長に影響を与えます。

結晶表面のエネルギーが高いと、結晶表面から不純物が脱着しやすくなります。そのため、結晶表面のエネルギーを低下させることで、不純物の脱着を抑制することができます。

結晶表面の表面張力は、結晶表面のエネルギーに影響を与えます。

結晶表面の表面張力が低いと、結晶表面から原子の移動しやすくなります。そのため、結晶表面の表面張力を高めることで、結晶成長速度を遅くすることができます。

 

4. 結晶表面は不純物の脱着を繰り返す

結晶表面には、不純物が付着しています。不純物は、結晶表面から脱着したり、結晶表面に付着したりを繰り返しています。

不純物は、結晶表面の成長を阻害する原因となります。そのため、結晶成長においては、不純物の脱着を抑制することが重要です。

 

カタストロフィック変化について

カタストロフィック変化とは、結晶成長の速度が急激に変化する現象で、結晶表面の不純物の脱着によって引き起こされます。

また、結晶の品質に大きな影響を及ぼす可能性があり、そのため、結晶成長においては、カタストロフィック変化を防止する...

結晶成長とは?【基礎知識】仕組みについて解説

 

〈目次〉

  1. 結晶成長とは?
  2. 結晶速度成長の求め方
    1. ステップ・ダイナミクスによる結晶成長
    2. らせん成長について
  3. 結晶成長における不純物の取り扱い
  4. 結晶表面は不純物の脱着を繰り返す
    1. カタストロフィック変化について
  5. まとめ

 

1. 結晶成長とは?

結晶成長とは、原子が集まって結晶を形成する現象です。結晶は、原子が規則的に並んだ構造をしており、その形状は、原子の配列によって決まります。

結晶成長は、さまざまな場面で起こります。例えば、鉱物の結晶化、半導体の育成、金属の溶接などです。


関連記事:単結晶とは?多結晶との違い 単結晶の特徴


 

2. 結晶成長速度の求め方

結晶成長の速度は、単位時間あたりに結晶の体積が増加する量です。

結晶成長の速度の式

V = v * A

  • Vは結晶成長速度
  • vは結晶成長速度係数
  • Aは結晶表面積

結晶成長速度係数は、結晶の成長速度に影響を与える因子です。結晶成長速度係数は、結晶の構造、原子間の結合エネルギー、成長温度、溶質濃度などによって変化します。

 

ステップ・ダイナミクスによる結晶成長

ステップ・ダイナミクス(ステップの力学)とは、結晶表面のステップが成長する現象です。ステップは、原子の並びが不規則な部分であり、成長によって原子が追加されます。

ステップの動きを理解することで結晶成長速度を計算で求めることができます。

 

ステップ・ダイナミクスによる結晶成長速度の式

v = v_0 * exp(-ΔG / k_B T)

  • v_0はステップの移動速度
  • ΔGはステップの移動に必要なギブスの自由エネルギー
  • k_Bはボルツマン定数
  • Tは温度

ステップの移動速度は、結晶の構造、原子間の結合エネルギー、成長温度によって変化します。

 

らせん成長について

らせん成長とは、らせん状の成長面を持つ結晶の成長で、単結晶の育成に用いられる方法です。

らせん成長では、らせん状の成長面上に原子が追加されます。らせん成長面上の原子は、ステップとエッジの両方から成長します。

 

3. 結晶成長における不純物の取り扱い

結晶成長には、不純物が大きな影響を与えます。不純物は、結晶の成長速度や結晶構造、結晶の品質に影響を与えます。

結晶成長における不純物の取り扱いには、以下の方法があります。

 

結晶成長における不純物の取り扱い方法

  • 不純物を除去する
  • 不純物を結晶内に均一に分散させる
  • 不純物を利用した結晶成長を行う


不純物の除去方法

  • 結晶成長前の原料を精製したり、結晶成長中に不純物を除去する装置を用いる。
  • 不純物を結晶内に均一に分散させるには、鋳造や溶融結晶成長を行う。
  • 不純物を利用した結晶成長を行うには、ドープ成長を行う。

 

不純物の影響

結晶成長には、不純物が大きな影響を与えます。不純物は、結晶の成長速度や結晶構造、結晶の品質に影響を与えます。

不純物が結晶成長に与える影響。

  • 結晶成長速度を抑制する
  • 結晶構造を変化させる
  • 結晶の品質を低下させる
  • 表面張力と表面エネルギーの影響


結晶表面のエネルギーは、結晶成長に影響を与えます。

結晶表面のエネルギーが高いと、結晶表面から不純物が脱着しやすくなります。そのため、結晶表面のエネルギーを低下させることで、不純物の脱着を抑制することができます。

結晶表面の表面張力は、結晶表面のエネルギーに影響を与えます。

結晶表面の表面張力が低いと、結晶表面から原子の移動しやすくなります。そのため、結晶表面の表面張力を高めることで、結晶成長速度を遅くすることができます。

 

4. 結晶表面は不純物の脱着を繰り返す

結晶表面には、不純物が付着しています。不純物は、結晶表面から脱着したり、結晶表面に付着したりを繰り返しています。

不純物は、結晶表面の成長を阻害する原因となります。そのため、結晶成長においては、不純物の脱着を抑制することが重要です。

 

カタストロフィック変化について

カタストロフィック変化とは、結晶成長の速度が急激に変化する現象で、結晶表面の不純物の脱着によって引き起こされます。

また、結晶の品質に大きな影響を及ぼす可能性があり、そのため、結晶成長においては、カタストロフィック変化を防止することが重要です。

 

5. まとめ

結晶成長は、多くの工業的な応用において中心的な役割を果たしています。この成長のプロセスは、原子レベルでの規則的な配列や、結晶の特性に影響を与える様々な因子によって調節されます。また、結晶成長速度の求め方や不純物の影響、さらには結晶表面の動きやカタストロフィック変化といった現象も結晶の品質や成長に深く関連しています。

特に、不純物は結晶の成長やその品質に大きな影響を与える要素となっており、これを適切に取り扱うことが求められます。さまざまな方法で不純物の取り扱いを最適化することによって、より高品質の結晶の育成が可能となります。

結晶成長に関する知識は、鉱物学から半導体産業、材料科学など多岐にわたる分野での実用的な応用に繋がります。したがって、これらの基本的な理論や原理を深く理解することは、未来の技術革新や産業の発展に向けての第一歩となります。

   続きを読むには・・・


この記事の著者

大岡 明

改善技術(トヨタ生産方式(TPS)/IE)とIT,先端技術(IoT,IoH,xR,AI)の現場活用を現場実践指導、社内研修で支援しています。

改善技術(トヨタ生産方式(TPS)/IE)とIT,先端技術(IoT,IoH,xR,AI)の現場活用を現場実践指導、社内研修で支援しています。


「化学技術」の他のキーワード解説記事

もっと見る
撥水コーティング剤 防汚コーティングの種類と特徴(その2)

   前回のその1に続いて解説します。   4. 撥水性コーティングによる防汚効果と撥水コーティング剤    撥水...

   前回のその1に続いて解説します。   4. 撥水性コーティングによる防汚効果と撥水コーティング剤    撥水...


スパッタ膜の特徴 スパッタリングの原理・応用(その2)

 前回のその1に続いて解説します。   3.スパッタ膜の特徴  表2のように、スパッタリングでつくられる膜には、様々な特徴があります。緻密...

 前回のその1に続いて解説します。   3.スパッタ膜の特徴  表2のように、スパッタリングでつくられる膜には、様々な特徴があります。緻密...


プラスチック材料、製品の使われ方を見極めることの重要性

1.製品をどのように使用するかを見極める作業が非常に重要  製品を設計するにあたっては、設計の初期段階において、使用者が製品をどのように使用するかを...

1.製品をどのように使用するかを見極める作業が非常に重要  製品を設計するにあたっては、設計の初期段階において、使用者が製品をどのように使用するかを...


「化学技術」の活用事例

もっと見る
3D Printing 2016 レポート:方式別、技術動向(その4)

 3D Printing 2016(2016年1月27~29日:東京ビッグサイト)から、方式別に技術動向を整理して4回に分けて解説しています。最終回は、粉...

 3D Printing 2016(2016年1月27~29日:東京ビッグサイト)から、方式別に技術動向を整理して4回に分けて解説しています。最終回は、粉...


インクジェット方式と紙の積層による方式 3D Printing 2016 レポート:方式別、技術動向(その3)

 3D Printing 2016(2016年1月27~29日:東京ビッグサイト)から、方式別に技術動向を整理して解説します。第3回は、『 インクジェット...

 3D Printing 2016(2016年1月27~29日:東京ビッグサイト)から、方式別に技術動向を整理して解説します。第3回は、『 インクジェット...


FDM方式』 3D Printing 2016 レポート:方式別、技術動向(その2)

 3D Printing 2016(2016年1月27~29日:東京ビッグサイト)から、方式別に技術動向を整理して解説します。第2回は、『 FDM方式 』...

 3D Printing 2016(2016年1月27~29日:東京ビッグサイト)から、方式別に技術動向を整理して解説します。第2回は、『 FDM方式 』...