セル生産の必須事項、作業レイアウトの徹底した工夫改善

 

セル生産とは、変種変量時代を勝ち抜くための経営戦略やビジネスモデルと一体不可分な生産方式で、一人ないしは数人の作業者、又は、その組み合わせで製品を造り上げる自己完結性の高い生産です。必要なものだけをタイミング良く生産することが可能となりますが、作業者には一連の部品を加工・組立できる技能習熟が求められます。

 

1.作業者に求められる能力

 例えば、コンベヤライン10人で分業生産していたものを、3人で分割して組立てる場合を考えます。

 従来:部品点数60点、10人でコンベヤ分業生産、一人あたり平均組立部品数6部品

 セル生産:部品点数60点、3人で手渡し分業生産、一人あたり平均組立部品数20部品

 となり、セル生産では作業者に多種類の部品を組立てることが求められます。製品やユニットを一人で完成品まで組立てる「一人完結生産」もこれらの発展方式として適用されています。

 

2.レイアウトの改善と作業動作のムダとり

 セル生産では、作業レイアウトの徹底した工夫改善が必要となります。変種変量生産において、もし、画一的なレイアウトで対応するならばそこでは、動作のムリ・ムダや在庫のムダ等が放置され、コスト高や不良の発生が顕在化します。結果として、「小ロット生産は儲からない」という悲観論に終始してしまいます。

 一方、セル生産では、レイアウトを改善して、人とモノの動きを最短化し、作業を容易化して、この壁を突き破ろうとします。 セル生産では、U字ラインや、一人屋台生産など、創意工夫のレイアウトパターンが多数存在します。又、同時に作業動作の改善を進め、作業者がムリ・ムダなく多数の部品を組立てできるよう改善標準化を行ないます。

5s11

 

 

★★★ この著者の5SセミナーがDVDになりました! ★★★
 https://www.monodukuri.com/dvd_library/detail/3/
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


この記事の著者

秋山 高広

究極のムダゼロ生産を目指して!JIT生産/セル生産構築、5S活動支援から生産管理・原価管理システム構築まで多様な支援メニュー。1日工場診断、短期改善支援、1年以上の生産革新支援まで何なりとご相談ください!

ご案内:秋山さんの大人気5SセミナーがDVDになりました! 徹底的に成功事例に学ぶ!「5Sの導入と強化」 http://www.monodukuri.com/dvd_library/dt/3

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「セル生産」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「秋山 高広」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。

すでに会員の方はこちらからログイン