『考える』ためのツール、マンダラート徹底解説【5/31】

インターネット、テレビなど世の中には情報があふれかえっています。それに反比例するように『考える』時間と機会が減っています。『考える』ためのフレームワークは多数存在しますが、その中で「マンダラート」という手法が注目されつつあります。
近年、大リーガーで活躍中の大谷翔平選手が高校生のときに作った目標管理シートが話題になっています。この目標管理シートは考えを深めるツール「マンダラート」が起源になっています。
本講座では、40年の歴史を持つ「マンダラート」の作り方を実習を交えて学び、考える力、問題意識の持ち方の修得を目的としています。また、明日から使えるアプリの紹介と操作方法について説明します。


講師からのコメント


マンダラートに出会って37年、これまで思考や生活の中でマンダラートは大活躍してくれました。工学関係の書籍を出版していますが、その構想も執筆もマンダラートを使いました。
マンダラートは頭脳のOSといえます。九つの正方形に向き合い、そこに言葉を置いていくという作業を通じて脳が動き出します。大谷翔平選手の目標管理シートの書き方がマンダラートをベースとしていたため、最近、マンダラートが広く知られるようになりました。
マンダラートは目標管理だけでなく、物事の本質を知るために、発想を広げていくためにも使うことができます。これまでの37年間の実践で得たマンダラートのノウハウを実習を交えながら、伝えたいと思います。


受講対象


・考える方法、問題意識の持ち方を習得したい方
・マンダラートのコンセプト、作り方を習得したい方
・マンダラートの効果と実例を知りたい方


習得知識


・考える方法と問題意識の持ち方が理解できる
・マンダラートの作り方と使い方が理解できる
・マンダラートをアイデア発想法として実際に使える


セミナープログラム


1. アナタは本当に考えていますか?
 ・考えることの重要性
 ・印象操作と共認支配
 ・アイデア発想法について


2. マンダラートの仕組みと作り方
 ・「問い」と「答え」のフラクタル構造
 ・マンダラートの作り方:基本編
 ・マンダラートの作り方:変則編


3. マンダラートの事例
 ・アイデア発想に利用
 ・コンセプト理解に利用
 ・スケジュールに利用


4. 実習、マンダラート
 ・共通の「問い」によるマンダート作り
 ・個別の「問い」によるマンダラート作り
 ・作ったマンダラートを共有する


5. マンダラートなアプリの紹介
 ・EXCELによるマンダラート
 ・iOSのマンダラート・アプリ
 ・Androidのマンダラート・アプリ