手戻り負担軽減と機械製品・部品寿命短期把握に必要な加速検証の上手な進め方

開発・設計に起因するクレーム削減に効果的な
不具合検証期間短縮と効率化を、加速検証で実現

事前に故障前兆候と寿命を把握し、発生前に適切に交換対応できる検証実施法を紹介!


テキストに「不具合加速検証実施法展開」に繋げる上で必要な
51製品の「基本仕様事例(CD-ROM付)」と「故障解析事例(CD-ROM付)」を配布致します

セミナー講師

伊豫部 将三 氏
伊豫部技術士事務所所長
技術士・機械部門
設計力向上委員会代表
【講師紹介】
富士重工業(株)生産技術部門へ17年間勤務後、1974年(昭和49年)伊豫部技術士事務所を開設、工場生産合理化・IE改善業務、技術開発・製品設計部門・生産技術部門改善等のコンサルタントとして海外企業の指導経験も豊富。現在まで機械・電機製品メーカをはじめ150社以上の技術部門で技術系社員教育や設計業務改善支援に従事し、現在も現役として活躍中。
主な著書に「組立・ハンドリング自動化実例図集」、「品質機能展開(QFD)表事例集」(新技術開発センター刊)、「設計の経験則101」、「設計者の心得と実務101」、「設計のマネジメント101」、「設計の基本仕様51」、「設計の故障解析51」、「設計の凡ミス退治101」、「設計のムダ退治101」など多数。これら著書をテキストとする社員教育とセミナー参加者は3万人を超える。

セミナー受講料

43,000円(消費税込・テキストおよび昼食を含みます)

セミナー趣旨

 米中貿易戦争による景気低迷・輸出減少の影響は、日本へも波及し多くの企業で技術部門もリストラによるスリム化と業務効率化への取組みが広く始まっています。現実に多くの製造業でクレーム対策費用は売上の2%を超え、その原因が開発、設計不具合に起因が70%を越える現実があります。またクレームの約25%は納品検収後1ケ月以内に、40%近くが3ケ月以内に、約50%が6ケ月以内に、約70%が無償保証期間である1年以内に発生している共通実態があります。
 また中国、インドを始めとする新興国製品と低価格、短納期競争に晒されながら客先からの高い品質要求に応えるには、開発・設計不具合によるクレーム削減が急務となっています。不具合原因によるクレームを減らすには、客先やエンドユーザで不具合が起こる前に問題個所や部品を適切に交換対応措置する必要があります。そのためには製品出荷前の開発、設計、製造段階時点で加速検証等により故障前兆候と寿命および経過年数毎の信頼度値を把握し、不具合発生前適切に交換措置へ対応することが大切となります。
 不具合把握を10倍に加速すれば所要期間を10分の1に短縮が可能になります。簡単に言えば18日間有れば、6ケ月以内に発生する約50%のクレーム防止へ事前対処が可能になります。また100倍に加速すれば、所要期間を100分の1に短縮が可能となります。つまり2日間有れば、同様に6ケ月以内に発生するクレーム防止へ事前対応措置が可能になります。
 本セミナーでは、講師が長年のコンサルタント経験の中で実施してきたクレーム削減で検証期間を短縮する具体的な加速検証実施方法のご紹介に重点を置いて、必要な「基本仕様での寿命および信頼度目標値設定法」、「故障予測の実施法」、「加速検証条件の設定法」、「不具合加速検証実施の展開法」、等の具体的進め方の例を、判り易く簡単な演習を交え解説指導致します。また今回セミナーではテキストに「不具合加速検証実施法展開」に繋げる上で必要な51製品の「基本仕様事例(CD-ROM付)」および「故障解析事例(CD-ROM付)」を一緒に配布致します。
 この機会に開発、設計不具合等によるクレーム削減で検証期間の短縮取り組み法にお悩みの管理者・リーダーと実務担当者のご参加を是非お勧め致します。

セミナープログラム

1.開発,設計所要期間短縮と,手戻り負担軽減に必要な従来開発・設計見直し法
  1. 従来開発,設計法見直しによる所要期間大幅短縮と手戻り負担軽減への取り組み法
  2. 短納期と低価格要求に応えながら開発,設計不具合に起因するクレーム削減の実現法
  3. 所要期間を大幅短縮しながらクレーム削減に必要な不具合加速検証の具体的実施方法

2.検証期間を「10分の1」以下に大幅短縮する不具合加速検証取り組み法
  1. 機械製品不具合加速検証実施法の原理と,大幅期間短縮化とは
  2. 温度で劣化を加速する検証短縮法には
  3. 負荷で劣化を加速する検証短縮法には

3.不具合加速検証取り組みに必要な「製品基本仕様」作成法
  1. 不具合加速検証取り組みに必要な「製品基本仕様」作成の要件とは
  2. 要求機能,性能,特性,設計条件(目標寿命および信頼度値)で設定すべき内容とは
  3. 簡単な課題による「製品基本仕様」作成演習および講師講評

4.不具合加速検証取り組みに必要な「製品故障解析」作成法
  1. 不具合加速検証取り組みに必要な「製品故障解析」作成の要件とは
  2. 予測される故障現象,機能上の影響,損害の大きさ,放置時の影響,想定される原因,他
  3. 簡単な課題による「製品故障解析」作成演習および講師講評

5.不具合加速検証取り組みに必要な「故障予測および検証条件設定」作成法
  1. 不具合加速検証取り組みに必要な「故障予測および検証条件設定」の要件とは
  2. 必要な「検証必要項目(振動・衝撃,他)」と「目標寿命および信頼度値」と「検証条件(加速係数,他)」のアイテムと設定すべき数値,等は
  3. 簡単な「故障予測および検証条件」設定演習および講師講評

6.不具合加速検証取り組みに必要な「不具合加速検証実施法展開」作成法
  1. 不具合加速検証取り組みに必要な「不具合加速検証実施法展開」の要件とは
  2. データ採取が必要なサンプル数,他の数値類設定法,等は
  3. 簡単な「不具合加速検証実施法展開」設定と作成演習および講師講評
◎ 質疑応答およびコンサルテーション