Excelによる予測と要因解析のための回帰分析活用セミナー

【9月・東京開催】

企画~製造段階で幅広く活用できる回帰分析を、
Excelを使って実践する!


 問題となる要因を捉えるために、製品やシステムの特性値を予測・推定し、どの要因がどれくらい結果に影響を与えているかを把握する回帰分析は、データを統計的に処理する方法の中で、最も適用頻度が高く、企画~製造段階と適用場面も広い手法の一つです。また、回帰分析の理論は、他の統計的手法とも密接に関かわっているので、回帰分析を理解し、実際に活用できるようになることはデータ解析を実践しなければならない人にとっては必ず身につけておくべき手法の一つでもあります。
 当セミナーでは、幅広い活用方法が期待できる回帰分析を、Excelを使って実践できるようにします。


日時


2019年9月6日(金) 9:30~16:30 【1日間コース】


講師


斯界の実践経験豊富な講師が指導にあたります。


参加費


32,000円(一般)/ 27,000円(会員)*税抜き


 参加者の所属企業が日科技連賛助会員の場合は、その旨を申し込みフォームの備考欄に記入してください。不明の場合は「会員不明、調査希望」と記入していただければ、当方で調査します。
 またこれを機会に入会を検討したい場合は、「入会検討のため資料希望」と記入してください。案内資料を送付し、セミナー正式受け付け以前にご入会いただくと、会員価格でご参加いただけます。


特徴


回帰分析の理論と実践と適用場面について、具体例を用いながら、わかりやすく説明します。
● Excel で操作しながら回帰分析の実践演習をします。
 (パソコン1人1台使用)


対象


・Excel を使いながら回帰分析の理論と実践を学びたい方
・回帰分析を知っているが、それをExcel での実践として学びたい方
・顧客調査、製品調査、市場調査など、ねらいとするものの予測、問題となる要因を探る方法を身につけたい方
・統計学の基礎的知識(平均値や標準偏差の意味、検定と推定の知識)を学んだことのある方


カリキュラム


1日コース

第1日 9:30~16:30
■午前
① 回帰分析の目的
② 相関分析
③ 単回帰分析の考え方
④ 単回帰分析の実践
⑤ 単回帰分析の理論

■午後
⑥ 重回帰分析の基本
⑦ 重回帰分析の実践
⑧ 質的変数を含んだ重回帰分析
⑨ 変数の選択
⑩ 実験データの解析
⑪ 演習